計画と実装 Recommendations

最終更新日: 2023-11-14
  • 作成対象:
  • Developer

計画および実装に役立つ情報 Adobe Target Recommendations.

メモ

この記事に加えて、 Adobe Target Business Practioner ガイド contains in-depth information about Target Recommendations.

最初の Recommendations アクティビティ Adobe Target、次の手順を実行します。

  1. 実装方法 Target Web およびモバイルアプリ上で、ユーザーの行動をキャプチャし、レコメンデーションを配信する際に使用するを設定できます。
  2. を設定します。 Recommendations カタログ ユーザーにレコメンデーションする製品またはコンテンツの数を指定します。
  3. 行動情報とコンテキストを渡す から Target Recommendations パーソナライズされたレコメンデーションを配信できるようにします。
  4. グローバル除外の設定.
  5. 設定 Recommendations 設定.
  6. (オプション) 管理 Recommendations Admin API の使用.

1.実装 Target

Target Recommendations では、Adobe Experience Platform Web SDK または at.js 0.9.2(以降)を実装する必要があります。 詳しくは、 Target クライアント側実装ガイド を参照してください。

2. Recommendations カタログ

高品質のレコメンデーションを提供するには、 Target は、レコメンデーションする製品またはコンテンツについて把握している必要があります。 通常、カタログには、レコメンデーション品目に関する 3 つのタイプの情報が含まれます。 映画をレコメンデーションするとします。 以下を含めます。

  1. レコメンデーションを受け取るユーザーに表示したいデータ。例えば、映画の名前と、映画のポスターのサムネール画像の URL を表示できます。
  2. マーケティングおよびマーチャンダイジング制御に便利なデータ。例えば、映画の評価を表示して、NC-17 映画をレコメンデーションしないようにすることができます。
  3. 他の品目との品目の類似性を判断するのに役立つデータ。 例えば、映画のジャンルや映画の監督を表示できます。

Target は、カタログに入力するための複数の統合オプションを提供します。 これらのオプションを組み合わせて使用して、カタログ内の異なる項目を更新したり、異なる頻度で異なる項目属性を更新したりできます。

メソッド 内容 使用するタイミング 追加情報
カタログフィード フィード (CSV、Google Product XML、Analytics Product Classifications) を毎日アップロードおよび取り込むようにスケジュールします。 一度に複数の項目に関する情報を送信する場合。 頻繁に変更されない情報を送信する場合。 詳しくは、 フィード.
エンティティ API API を呼び出して、単一アイテムの最新の更新を送信します。 一度に 1 つの項目に関する更新が発生した場合に送信するためのものです。 頻繁に変更される情報(価格、在庫/在庫レベルなど)を送信する場合。 詳しくは、 エンティティ API 開発者向けドキュメント.
ページ上で更新を渡す ページ上の JavaScript を使用するか Delivery API を使用して、単一のアイテムに関する最新の更新を送信します。 一度に 1 つの項目に関する更新が発生した場合に送信するためのものです。 頻繁に変更される情報(価格、在庫/在庫レベルなど)を送信する場合。 詳しくは、 品目ビュー/製品ページ

ほとんどのお客様は、少なくとも 1 つのフィードを実装する必要があります。 その後、Entities API またはページ上の方法を使用して、頻繁に変更される属性や項目の更新でフィードを補完するよう選択できます。

3.行動情報とコンテキストを渡す

に渡す必要のある行動情報とコンテキスト Target は、訪問者がおこなうアクションに依存します。これは、多くの場合、訪問者が操作しているページのタイプに関連しています。

品目表示または製品ページ

訪問者が製品の詳細ページなど、単一の品目を表示しているページでは、訪問者が表示している品目の ID を渡す必要があります。 また、現在のカテゴリに対するレコメンデーションをフィルタリングできるように、訪問者が表示する品目の最も詳細なカテゴリを渡す必要があります。

また、製品ページ自体で、すばやく変更された特定の属性を渡すこともできます。 例えば、value) および在庫/在庫レベル。

価格と在庫を渡す

<script type="text/javascript">
function targetPageParams() {
   return {
      "entity": {
         "id": "32323",
         "categoryId": "running-shoes",
         "value": 119.99,
         "inventory": 329
      }
   }
}
</script>

カテゴリビュー/カテゴリページ

カテゴリページでは、レコメンデーションをそのカテゴリ内の製品やコンテンツに制限したい場合が多いでしょう。 これをおこなうには、現在表示されているカテゴリの ID を渡す必要があります。

現在のカテゴリを渡す

function targetPageParams() {
   return {
      "entity": {
         "categoryId": "running-shoes"
      }
   }
}

買い物かごへの追加/買い物かごの表示/チェックアウトページ

買い物かごページでは、訪問者の現在の買い物かごの内容に基づいて品目をレコメンデーションできます。 そのためには、特別なパラメーターを使用して、訪問者の現在の買い物かごにあるすべての項目の ID を渡します cartIds.

現在買い物かごに入っている項目を渡す

function targetPageParams() {
   return {
      "cartIds": "352,223,23432,432,553"
      }
}

買い物かごベースのレコメンデーションについて詳しくは、 買い物かごベース (内) Adobe Target実務者ガイド.

訪問者の買い物かごにすでに入っている品目を除く

サイト全体のページで、レコメンデーションから一部の品目を除外できます。 例えば、訪問者の現在の買い物かごに既に含まれている品目をレコメンデーションしたくない場合があります。 それには、特別なパラメーターを使用して、除外するすべての項目の ID を渡します excludedIds.

除外する項目を渡す

function targetPageParams() {
   return {
      "excludedIds": "352,223,23432,432,553"
      }
}

購入/注文確認ページ

購入イベントが発生したら、購入した品目の ID を渡します。 詳しくは、 コンバージョンの追跡 ( at.js のデプロイ方法/実装 Target タグマネージャーなし 記事。

4.グローバル除外を設定する

訪問者にレコメンデーションしたくないグローバルレベルの品目を除外します。 詳しくは、 除外 (内) Adobe Target実務者ガイド.

5.設定 Recommendations 設定

設定を使用して Recommendations の実装を管理します。

Recommendations 設定​オプションにアクセスするには、 で Adobe Experience CloudTarget を開き、レコメンデーション設定​をクリックします。

代替画像

以下のオプションがあります。

設定 説明
カスタムグローバル mbox (オプション)Target アクティビティを提供するために使用するカスタムグローバル mbox を指定します。デフォルトでは、Target によって使用されるグローバル mbox が Recommendations に使用されます。

注意:このオプションは、 Target 管理 ページに貼り付けます。 開く Targetを選択し、次に 管理 > Visual Experience Composer.

業種 業種は、レコメンデーション条件の分類に使用されます。この情報は、買い物かごページやメディアページに最適な条件など、特定のページに適した条件をチームのメンバーが見つけるのに役立ちます。
非互換の条件をフィルター このオプションを選択すると、選択されたページが必要なデータを渡す条件のみが表示されます。すべてのページですべての条件が正しく実行されるわけではありません。 ページまたは mbox にが渡される必要がある entity.id または entity.categoryId 現在の品目/現在のカテゴリのレコメンデーションと互換性を持たせるため。 通常は、互換性のある条件のみを表示するようにします。ただし、アクティビティで互換性のない条件を有効にしたい場合は、このオプションのチェックを外します。

タグ管理ソリューションを使用している場合は、このオプションを無効にすることをお勧めします。

このオプションについて詳しくは、 Recommendations FAQ (内) Adobe Target実務者ガイド.

デフォルトホストグループ デフォルトホストグループを選択します。

ホストグループを使用して、カタログの利用可能な項目をさまざまな用途に分割できます。例えば、ホストグループは開発環境と実稼動環境、さまざまなブランド、またはさまざまな地域に使用できます。デフォルトでは、カタログ検索、コレクションおよび除外のプレビュー結果はデフォルトのホストグループに基づいています。(環境フィルターを使用して、結果をプレビューする別のホストグループを選択することもできます)デフォルトでは、項目の作成または更新時に環境 ID が指定されている場合を除き、新しく追加された項目はすべてのホストグループで使用できます。配信される Recommendations は、リクエストで指定したホストグループによって異なります。

商品が表示されていない場合は、適切なホストグループが使用されていることを確認してください。例えば、ステージング環境を使用するようにレコメンデーションを設定し、ホストグループをステージングに設定した場合、商品を表示するために、ステージング環境のコレクションを再作成する必要がある可能性があります。各環境でどの商品が利用できるかを確認するには、各環境でカタログ検索を利用します。また、 Recommendations 選択した環境(ホストグループ)のコレクションと除外。

注意: 選択した環境を変更した後、 「検索」をクリックして返された結果を更新する必要があります。

環境フィルターは、Target UI の次の場所から利用可能です。

  • カタログ検索 (Recommendations > カタログ検索)
  • コレクションを作成ダイアログボックス (Recommendations > コレクション > 新規作成)
  • コレクションを更新ダイアログボックス (Recommendations > コレクション > 編集)
  • 「除外を作成」ダイアログボックス (Recommendations > 除外 > 新規作成)
  • 「除外を更新」ダイアログボックス (Recommendations > 除外 > 編集)
詳しくは、 ホスト (内) Adobe Target実務者ガイド.
サムネールのベース URL 商品カタログのベース URL を設定すると、商品のサムネールの指定でサムネール URL を渡す場合に、相対 URL を使用できます。

次に例を示します。

"entity.thumbnailURL=/Images/Homepage/product1.jpg"

サムネールのベース URL に対する相対 URL を設定します。

Recommendations API トークン このトークンをで使用 Recommendations API 呼び出し(ダウンロード API など)。

6. (オプション)管理 Recommendations Admin API の使用

詳しくは、 用途 Recommendations API 設定方法と使用方法を学ぶための実践ガイド Target の管理 API と配信 API Recommendations.

このページ