許可リストに加える Target エッジノード

最終更新日: 2023-07-28
  • 作成対象:
  • Developer

に役立つ、ホストの情報と最新のリス許可リストに加えるト Adobe Target エッジ。

エッジとは、コンテンツを要求するエンドユーザーが、その場所に関係なく、最適な応答時間を確保できる、地理的に分散された配信アーキテクチャです。 各エッジノードには、ユーザーのコンテンツリクエストに応答し、そのリクエストに関する分析データを追跡するために必要なすべての情報が含まれています。 ユーザーリクエストは最も近いエッジノードにルーティングされます。 詳しくは、 エッジネットワーク.

次をできま許可リストに加えるす Target 必要に応じて、エッジノードに設定します。

重要

次の Network Address Translation(NAT;ネットワークアドレス変換)IP アドレスを許可リストに加えるする以外に、 Target エッジと Target エッジの IP アドレスについては、この記事で説明しています。すべての IP アドレスをする必要がありま許可リストに加えるす。 Adobe Analytics IP アドレスブロック。

詳しくは、 すべてのAdobe Analytics IP アドレスブロック (内) Adobe Analyticsテクニカルノート ドキュメント。

Adobe Target インフラストラクチャが更新中で、アドレスをするお客様は許可リストに加える、両方の IP セットを使用する必要があります。 これをおこなわないと、エクスペリエンスを取得するための Target API 呼び出しが、サーバーを使用するように設定されたファイアウォールの背後にあるネットワーク内から発生する、サーバー側またはハイブリッド実装を使用するお客様に影響しま許可リストに加えるす。

すべての Edge4 x 以下の表に記載されているアドレスは、2023 年 8 月 9 日に更新される予定です。

Network Address Translation(NAT;ネットワークアドレス変換):の IP アドレス Target エッジ

のエグレス IP アドレスのリスト Target エッジ。 これ許可リストに加えるらの IP をする ( Target サービスに問い合わせてください。

エッジの位置 エグレス IP アドレス
Edge31(ムンバイ) 13.126.131.246
13.234.229.8
Edge32(東京) 3.115.154.28
3.115.227.146
Edge34(米国東海岸) 34.232.149.249
52.21.139.93
Edge35(米国西海岸) 52.10.11.139
44.231.171.161
Edge36(シドニー) 13.237.227.20
13.210.93.142
Edge37(アイルランド) 54.72.21.68
52.208.139.19
Edge38(シンガポール) 18.141.132.96
54.179.187.167
Edge41(ムンバイ) 3.6.2.221
13.235.112.4
52.66.66.192
Edge42(東京) 52.69.55.232
43.206.61.43
13.113.73.214
Edge44(米国東海岸) 54.164.192.223
52.86.86.203
54.88.167.98
Edge45(米国西海岸) 52.40.124.129
54.148.219.69
54.189.208.212
Edge46(シドニー) 54.253.144.4
54.66.198.142
13.211.218.51
Edge47(アイルランド) 52.208.136.136
54.170.28.19
99.80.111.82
Edge48(シンガポール) 3.1.141.36
18.143.112.116
52.76.61.44

Target エッジ IP アドレス

次の IP アドレスのリスト Target エッジ。 API 呼び出しを許可リストに加える実行する場合は、これらの IP をします。 Target エッジ。

ロードバランサーがトラフィックプロファイルに基づいてスケールアップおよびスケールダウンするにつれ、このリストは頻繁に変更されます。

エッジの位置 ドメイン IP アドレス
CLIENTCODE.tt.omtrdc.net
(CLIENTCODE は Target クライアント ID)
Edge31(ムンバイ) mboxedge31.tt.omtrdc.net 13.235.211.15
35.154.193.2
35.154.53.50
15.206.4.195
13.234.45.112
3.7.14.31
3.7.182.1
52.66.52.225
3.6.64.110
65.0.222.85
65.1.67.35
43.205.52.220
Edge32(東京) mboxedge32.tt.omtrdc.net 3.112.121.190
54.65.158.134
52.199.9.11
54.95.35.22
52.68.152.188
52.196.181.152
54.150.112.230
52.198.235.210
Edge34(米国東海岸) mboxedge34.tt.omtrdc.net 44.195.255.231
52.207.142.243
52.54.50.225
35.169.35.160
52.71.135.138
35.169.227.120
23.22.33.42
52.54.152.40
54.243.116.94
3.233.250.116
50.16.29.53
54.86.98.238
44.210.41.177
3.211.200.163
54.210.15.1
34.199.251.113
Edge35(米国西海岸) mboxedge35.tt.omtrdc.net 44.238.17.94
52.27.37.224
52.89.178.205
52.24.182.215
44.241.83.238
52.24.177.17
35.165.241.91
52.36.84.148
52.40.70.235
52.11.244.25
35.83.17.210
52.42.219.24
54.218.0.208
34.218.165.70
44.239.131.209
52.37.121.114
35.164.96.150
52.40.11.173
52.32.91.22
35.82.102.174
50.112.233.80
44.241.57.139
44.233.4.154
54.69.42.127
34.211.73.73
54.148.130.206
44.238.29.100
44.228.116.36
52.40.119.218
52.25.253.33
Edge36(シドニー) mboxedge36.tt.omtrdc.net 54.206.232.103
54.206.183.241
3.24.158.129
54.253.0.242
Edge37(アイルランド) mboxedge37.tt.omtrdc.net 54.77.63.43
63.35.113.29
63.34.224.124
54.246.171.67
99.80.163.253
34.253.167.75
52.211.90.101
54.246.201.164
34.249.148.170
54.76.19.168
52.209.9.253
Edge38(シンガポール) mboxedge38.tt.omtrdc.net 52.220.75.199
52.221.116.71
Edge41(ムンバイ) mboxedge41.tt.omtrdc.net 15.206.104.6
3.109.14.178
13.234.139.131
Edge42(東京) mboxedge42.tt.omtrdc.net 52.194.84.34
3.115.158.39
18.180.123.21
Edge44(米国東海岸) mboxedge44.tt.omtrdc.net 54.205.210.54
23.20.189.8
35.169.173.155
Edge45(米国西海岸) mboxedge45.tt.omtrdc.net 35.161.163.45
44.230.114.101
35.161.120.22
Edge46(シドニー) mboxedge46.tt.omtrdc.net 3.104.142.61
52.62.4.152
54.253.105.140
Edge47(アイルランド) mboxedge47.tt.omtrdc.net 18.203.168.186
54.228.83.91
54.217.181.83
Edge48(シンガポール) mboxedge48.tt.omtrdc.net 54.179.6.70
13.215.150.94
18.136.47.70

ロードバランサーがトラフィックプロファイルの変更を検出すると、スケールアップまたはスケールダウンします。 Elastic Load Balancing のスケールに必要な時間は、検出された変更に応じて、1 ~ 7 分の範囲です。 ロードバランサーの規模を調整すると、DNS レコードが新しい IP アドレスのリストで更新されます。 Elastic Load Balancing では、容量の増加を確実に活用するために、60 秒の DNS レコードに対して TTL 設定が使用されます。

このページ