カスタム条件の管理

最終更新日: 2023-11-14
  • 作成対象:
  • Developer

Recommendationsが提供するアルゴリズムは、プロモーションしたい特定の項目を表示できない場合があります。 このような場合、カスタム条件を使用すると、特定のキー品目またはカテゴリに対して、レコメンデーション品目の特定のセットを配信できます。

カスタム条件を作成するには、主要品目またはカテゴリとレコメンデーション品目の間の必要なマッピングを定義してインポートします。 このプロセスについては、 カスタム条件ドキュメント. このドキュメントで述べたように、Target ユーザーインターフェイス (UI) を使用して、カスタム条件を作成、編集および削除できます。 ただし、Target には、カスタム条件をより詳細に管理するための一連のカスタム条件 API も用意されています。

警告

カスタム条件の場合は、API を使用して特定のカスタム条件に対してすべてのアクション(作成、編集、削除)を実行するか、UI を使用してすべてのアクション(作成、編集、削除)を実行します。 UI と API を組み合わせてカスタム条件を管理すると、情報が競合したり、予期しない結果が生じる場合があります。 例えば、UI でカスタム条件を作成し、API で編集した場合、API で表示されるように、バックエンドで更新される場合でも、UI での更新は反映されません。

カスタム条件の作成

を使用してカスタム条件を作成するには カスタム条件 API の作成の場合の構文は次のとおりです。

POST https://mc.adobe.io/{{TENANT_ID}}/target/recs/criteria/custom

警告

カスタム条件の作成 API を使用して作成したカスタム条件は、この演習で説明するように、UI に表示され、そこで保持されます。 UI で編集や削除を行うことはできません。 編集または削除できます API を使用​どちらの場合も、引き続き Target UI に表示されます。 UI からの編集または削除のオプションを維持するには、次の手順に従って UI を使用してカスタム条件を作成します。 ドキュメント(カスタム条件の作成 API を使用するのとは異なります)。

上記の警告を読んだ後に次の手順を実行し、UI から削除できない新しいカスタム条件を作成することが適切です。

  1. 検証 TENANT_ID および API_KEY 対象: カスタム条件の作成 前に確立したPostman環境変数を参照します。 比較には、以下の画像を使用します。

    CreateCustomCriteria1

  2. を追加します。 本文 as raw カスタム条件の CSV ファイルの場所を定義する JSON。 次に示す例を使用します: カスタム条件 API の作成 テンプレートとしてのドキュメント ( environmentId および必要に応じてその他の値。 この例では、キーとして LAST_PURCHASED を使用します。

    CreateCustomCriteria2

  3. リクエストを送信し、作成したカスタム条件の詳細を含む応答を観察します。

    CreateCustomCriteria3

  4. カスタム条件が作成されたことを確認するには、Adobe Target内で、 Recommendations /条件 名前で条件を検索するか、 カスタム条件 API のリスト 次の手順で使用します。

    CreateCustomCriteria4

この場合、エラーが発生します。 カスタム条件をより詳細に調べ、 カスタム条件 API のリスト.

カスタム条件のリスト

すべてのカスタム条件のリストと各条件の詳細を取得するには、 カスタム条件 API のリスト. 構文は次のとおりです。

GET https://mc.adobe.io/{{TENANT_ID}}/target/recs/criteria/custom

  1. 検証 TENANT_ID および API_KEY 前と同様に、リクエストを送信します。 応答では、カスタム条件 ID と、前述のエラーメッセージに関する詳細をメモします。
    ListCustomCriteria

この場合、サーバー情報が正しくない、つまり Target がカスタム条件の定義を含む CSV ファイルにアクセスできないことが原因で、エラーが発生していました。 カスタム条件を編集して修正しましょう。

カスタム条件の編集

カスタム条件定義の詳細を変更するには、 カスタム条件 API の編集. 構文は次のとおりです。

POST https://mc.adobe.io/{{TENANT_ID}}/target/recs/criteria/custom/:criteriaId

  1. 検証 TENANT_ID および API_KEY前と同様に。
    EditCustomCriteria1

  2. 編集する(単一の)カスタム条件の条件 ID を指定します。
    EditCustomCriteria2

  3. 本文で、更新された JSON に正しいサーバー情報を入力します。 (この手順では、アクセス可能なサーバーへの FTP アクセスを指定します)。
    EditCustomCriteria3

  4. リクエストを送信し、応答をメモします。
    EditCustomCriteria4

次の例では、 カスタム条件 API の取得.

カスタム条件の取得

特定のカスタム条件のカスタム条件の詳細を表示するには、 カスタム条件 API の取得. 構文は次のとおりです。

GET https://mc.adobe.io/{{TENANT_ID}}/target/recs/criteria/custom/:criteriaId

  1. 詳細を取得するカスタム条件の条件 ID を指定します。 リクエストを送信し、応答を確認します。
    GetCustomCriteria.png
  2. 検証が成功しました。 (この場合は、それ以上 FTP エラーがないことを確認します)。
    GetCustomCriteria1.png
  3. (オプション)UI に更新が正確に反映されていることを確認します。
    GetCustomCriteria2.png

カスタム条件の削除

前述の条件 ID を使用して、 カスタム条件 API の削除. 構文は次のとおりです。

DELETE https://mc.adobe.io/{{TENANT_ID}}/target/recs/criteria/custom/:criteriaId

  1. 削除する(単一の)カスタム条件の条件 ID を指定します。 「送信」をクリックします。
    DeleteCustomCriteria1

  2. カスタム条件の取得を使用して、条件が削除されたことを確認します。
    DeleteCustomCriteria2
    この場合、404 エラーが発生すると、削除された条件が見つからないことが示されます。

メモ

この条件は Create Custom Criteria API を使用して作成されたので、削除された場合でも、Target UI から削除されません。

おめでとうございます。Recommendations API を使用して、カスタム条件の作成、リスト、編集、削除、詳細の取得をおこなうことができるようになりました。 次の節では、Target Delivery API を使用してレコメンデーションを取得します。

<!— 次:「サーバー側配信 API を使用したRecommendationsの取得」> —>

このページ