スキーマ間の関係の設定

このビデオでは、Adobe Experience Platformで 2 つのスキーマ間の関係を設定する方法を示します。 関係を使用すると、1 つのデータセットを別のデータセットのルックアップテーブルとして使用できます。詳細な製品ドキュメントについては、「 スキーマエディター を使用した 2 つのスキーマ間の関係の定義」および「 スキーマレジストリ API を使用した 2 つのスキーマ間の関係の定義」を参照してください。

情報

このビデオは、コース XDM でのカスタマーエクスペリエンスデータのモデル化の一部で、無料でExperience Leagueで利用できます。

このページ