データの準備

複数のデータセットのデータをクリーンアップ、準備、組み合わせて、CTAS(Create Table AS) 関数と Spark SQL 関数を使用して新しいデータセットを作成し、レポートやダッシュボーディングをおこなう方法を説明します。

情報

このビデオは、コース クエリサービスを使用したダッシュボードの作成 の一部で、Experience League時に無料で利用できます。

詳しくは、 クエリサービスのドキュメント を参照してください。

このページ