UI でのトレーニング済みモデルの作成と公開

JupyterLab Recipe Builder ノートブックで作成したレシピを使用して、モデルを作成、トレーニング、評価、および公開する方法について説明します。

Adobe Experience Platform Data Science Workspace では、モデルの意図に適した既存のレシピを組み込むことで、機械学習モデルが作成されます。 次に、モデルに関連するハイパーパラメーターを微調整することで、モデルの動作効率と有効性を最適化するようにトレーニングおよび評価します。 レシピは再利用可能です。つまり、複数のモデルを作成し、単一のレシピで特定の目的に合わせてカスタマイズできます。

情報

このビデオは、コース データサイエンティスト向け Data Science Workspace の概要 の一部で、Experience League時に無料で入手できます。

その他のリソース

このページ