スキーマでのデータのモデル化

このレッスンでは、ルミナンスデータをスキーマにモデル化します。 このチュートリアルでは、このような一番長いレッスンの中の1つです。水域を buckle、海に戻ることができます。

標準化と相互運用性は、Adobe Experience Platform の背後にある重要な概念です。エクスペリエンスデータモデル (XDM) は、カスタマーエクスペリエンスデータを標準化し、カスタマーエクスペリエンス管理のためのスキーマを定義することを目的としています。

XDM は、デジタルエクスペリエンスを強化するために設計され、公式に文書化された仕様です。Platform サービスとの通信に使用するあらゆるアプリケーションに共通の構造と定義を提供します。XDM 標準に準拠することで、すべての顧客体験データを共通の表現に組み込み、より迅速かつ統合的な方法でインサイトを得ることができます。顧客の行動から貴重なインサイトを得たり、セグメントを使用して顧客のオーディエンスを定義したり、パーソナライゼーションを目的として顧客属性を表すことができます。

XDM は、Experience Platform が提供する Adobe Experience Cloud が、適切なタイミングに、適切なチャネル経由で、適切な相手へと適切なメッセージを届けることを可能にする、基本的なフレームワークです。Experience Platform の基礎となる XDM システム​は、エクスペリエンスデータモデルスキーマを Platform サービスで操作できるようにします。

データアーキテクトは、 このチュートリアルの外でスキーマを作成する必要がありますが、データ エンジニア は、データアーキテクトによって作成されたスキーマと緊密に連携します。

練習を開始する前に、この短いビデオで、スキーマと経験データモデル (XDM) について詳しく知ることができます。

ヒント

エクスペリエンスプラットフォームのデータモデリングについて詳しくは、「XDM を使用して お客様がデータを処理する」コースを受講することをお勧めします

必要な権限

「権限の設定」のレッスンでは、 🔗 このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

UI 経由のロイヤルティスキーマの作成

この練習では、ルミナンスのロイヤルティデータに対するスキーマを作成します。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスに移動して、サンドボックスが選択されていることを確認します。
  2. 左側の ​ナビゲーションのスキーマに移動
  3. 右上 にある「スキーマの作成」ボタンを選択します。
  4. ドロップダウンメニューから「XDM」を選択し ​ます。これは、個々の顧客 (ポイント、状態など) の属性をモデリングすることになるためです。
    OOTB フィールドグループを使用したスキーマ

標準フィールドグループの追加

次に、フィールドグループをスキーマに追加するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 すべてのフィールドは、グループを使用してスキーマに追加する必要があります。 アドビから提供されている大規模なフィールドグループの中から選択することも、独自のフィールドグループを作成することもできます。 エクスペリエンスプラットフォームで独自のデータをシミュレーションするときは、アドビから提供されている業界標準のフィールドグループについて理解しておくことをお勧めします。 可能な限り、それらを使用して、カスタマー AI、属性 AI、Adobe アナリティクスなどの下流のサービスをパワーにする場合には、この方法を使用することをお勧めします。

独自のデータを操作する際には、どのデータをプラットフォームに取り込んで、どのようにモデル化するかを決定する必要があります。 この大きなトピックについては、「 XDM を使用してカスタマーエクスペリエンスデータをモデル化する」コースで詳しく説明されてい ます。 このチュートリアルでは、事前に定義されたスキーマの実装についてのみ紹介します。

フィールドグループを追加するには:

  1. 「フィールドグループを追加」フィールドで、 ​次のフィールドグループを選択します。

    1. ​名前と生のような基本的な顧客データの統計情報
    2. ​電子メールアドレス、電話番号など基本的な連絡先の詳細については、個人の連絡先について詳しく説明します。
  2. 行の右側にあるアイコンを選択して、フィールドグループに追加されたフィールドをプレビューできます。
    標準フィールドグループの選択

  3. 業種 に固有のフィールドグループを表示するには、業界の > Retail box を確認してください。

  4. 「ロイヤルティ」を選択 ​すると、ロイヤルティプログラムのフィールドが追加されます。

  5. ​すべてのフィールドグループをスキーマに追加するには、「フィールドグループを追加」を選択します。
    標準フィールドグループをロイヤルティスキーマに追加

スキーマの現在の状態を確認するために、少し時間がかかります。 このフィールドグループには、人名、連絡先情報、ロイヤルティプログラムの状態に関連する標準フィールドが追加されています。 これらの2つのフィールドグループを使用すると、社内のデータについてスキーマを作成することができます。 特定のフィールドグループ行を選択するか、または「フィールドグループ名」の横にあるチェックボックスをオンにして、ビジュアル化の変更を確認してください。

スキーマを保存するには:

  1. スキーマの最上位ノードを選択します。
  2. Luma Loyalty Schema表示名として「」を入力し ​ます。
  3. 保存」を選択します。
    スキーマに名前を付けて保存
メモ

データポイントにフィールドが追加されていない場合は、このフィールドグループを使用してください。 例えば、「Fax 電話」は、ルミナンスがデータを収集しないフィールドである可能性があります。 いいです。 フィールドがスキーマに定義されているので、そのフィールドのデータを後で ingested 必要があるというわけではありません ** 。

カスタムフィールドグループの追加

では、カスタムフィールドグループを作成してみましょう。

「ロイヤルティ」フィールドグループにはフィールドが含まれてい loyaltyID ますが、ルミナンスはすべてのシステム識別子を1つのグループで管理することで、スキーマ間の一貫性を確保することができます。

スキーマワークフローではフィールドグループを作成する必要があります。 フィールドグループを作成するには、次のようにします。

  1. スキーマフィールドグループ見出しの下の「追加」を選択します。
    新規フィールドグループの追加

  2. 新規フィールドグループを作成」を選択します。

  3. Luma Identity profile field group表示名として使用する

  4. system identifiers for XDM Individual Profile class説明として使用

  5. 「フィールドグループの追加」を選択します。

    新規フィールドグループの追加

新しく作成した空のフィールドグループをスキーマに追加します。 + ボタンを使用すると、 ​階層内の任意の場所に新しいフィールドを追加することができます。 次の例では、ルートレベルにフィールドを追加します。

  1. ​スキーマの名前の横にある「+」をクリックします。これにより、テナント id 名前空間の下に新しいフィールドが追加され、カスタムフィールドと標準フィールド間の競合が管理されます。

  2. フィールドプロパティサイドバーで、 新規フィールドの詳細情報を追加します。

    1. フィールド名: systemIdentifier
    2. 表示名 : System Identifier
    3. タイプ : Object
    4. 「適用」を選択します。

    新規フィールドグループの追加

次に、オブジェクトの下にフィールドを2つ追加し systemIdentifier ます。

  1. 最初のフィールド
    1. フィールド名: loyaltyId
    2. 表示名: Loyalty Id
    3. タイプ : String
  2. 第2フィールド
    1. フィールド名: crmId
    2. 表示名: CRM Id
    3. タイプ : String

新しいフィールドグループは次のようになります。 「保存」ボタンをクリックすると、スキーマが保存され ますが、次の手順ではスキーマは開いたままにしておきます。ロイヤルティフィールドグループの完成

データタイプの作成

新機能のようなフィールドグループは Luma Identity profile field group 他のスキーマで再利用できるので、複数のシステム間で標準的なデータ定義を適用することができます。 ただし、クラスを共有するスキーマでしか再利用することはできません __ 。この場合は、XDM の各プロファイルクラスが使用されます。

データ型は、複数のクラスにわたってスキーマで再利用できる、マルチフィールドコンストラクトの1つです __ 。 ここ systemIdentifier では、新しいオブジェクトをデータ型に変換してみましょう。

静止画を開いた状態で、 Luma Loyalty Schema オブジェクトを選択して「 systemIdentifier 新規データ型に変換」を選択します。

ロイヤルティフィールドグループの完成

スキーマを キャンセル して 「データ型」タブに移動すると 、新しく作成したデータ型が表示されます。 このデータ型は、この後のレッスンで使用します。

ロイヤルティフィールドグループの完成

API を使用した CRM スキーマの作成

ここでは、API を使用してスキーマを作成します。

ヒント

この API の練習を省略する場合は、ユーザーインターフェイスのメソッドを使用して次のスキーマを作成できます。

  1. XDM の ​ 個別 Profile ​ クラスの使用
  2. 名前を付ける Luma CRM Schema
  3. 以下のフィールドグループを使用してください。「統計情報」、「個人連絡先詳細」および「ルミ Id profile」フィールドグループ

最初に、空のスキーマを作成します。

  1. オープン Postman

  2. ここでは、24時間以内に要求されていない場合、認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。 要求を開き、 Adobe I/O Access Token Generation > Local Signing (Non-production use-only) > IMS: JWT Generate + Auth via User Token 「送信」を選択して ​新しい JWT およびアクセストークンを要求します。

  3. 環境変数を開き、CONTAINER_ID の値 ​をからに変更し global tenant ます。 tenantスキーマの作成など、プラットフォームで独自のカスタムエレメントを操作する場合は、必ず使用してください。

  4. 「保存」を選択します。
    テナントへの CONTAINER_ID の変更

  5. 要求を開きます。 Schema Registry API > Schemas > Create a new custom schema.

  6. ​「Body」タブを開き、次のコードをペーストして、「送信」を選択して ​API 呼び出しを行います。この呼び出しによって、同じ基本クラスを使用して新しいスキーマが作成され XDM Individual Profile ます。

    {
      "type": "object",
      "title": "Luma CRM Schema",
      "description": "Schema for CRM data of Luma Retail ",
      "allOf": [{
        "$ref": "https://ns.adobe.com/xdm/context/profile"
      }]
    }
    
    メモ

    この2つ目以降のコードサンプルでは、名前空間の参照が、 https://ns.adobe.com/xdm/context/profile CONTAINER_ID and accept ヘッダーが正しい値に設定された list API 呼び出しを使用して取得できます。 一部のユーザーインターフェイスでも簡単にアクセスできるようになっています。

  7. 応答を取得する必要があります 201 Created

  8. meta:altId応答本文からコピーします。このファイルは、後で別の練習で使用します。
    CRM スキーマの作成

  9. 新しいスキーマは、ユーザーインターフェイスには表示されますが、フィールドグループは表示されません。
    CRM スキーマの作成

メモ

また、スキーマ id は、CONTAINER_ID が設定されている meta:altId API 要求 Schema Registry API > Schemas > Retrieve a list of schemas within the specified container. tenant と accept ヘッダーを使用して取得することもでき application/vnd.adobe.xdm+json ます。

ヒント

このような呼び出しに関する一般的な問題とその解決策を以下に示します。

  • 認証トークンなし: IMS の起動 : JWT のユーザートークン 呼び出しによる、新規トークンの生成
  • 401: Not Authorized to PUT/POST/PATCH/DELETE for this path : /global/schemas/: CONTAINER_ID 環境変数のへの global 更新 tenant
  • 403: PALM Access Denied. POST access is denied for this resource from access control: Admin Console でユーザーのアクセス許可を確認してください。

標準フィールドグループの追加

次に、フィールドグループをスキーマに追加します。

  1. で Postman 依頼を開きます。 Schema Registry API > Schemas > Update one or more attributes of a custom schema specified by ID.

  2. ​「パラメーター」タブで、 meta:altId 以前の応答の値をSCHEMA_ID

  3. 「Body」タブを開き、次のコードをペーストして、「送信」を選択して ​API 呼び出しを行います。 この呼び出しによって、次のように標準のフィールドグループが追加され Luma CRM Schema ます。

    [{
        "op": "add",
        "path": "/allOf/-",
        "value": {
          "$ref": "https://ns.adobe.com/xdm/context/profile-personal-details"
        }
      },
      {
        "op": "add",
        "path": "/allOf/-",
        "value": {
          "$ref": "https://ns.adobe.com/xdm/context/profile-person-details"
        }
      }
    ]
    
  4. 応答については、「OK」と「200」状態が表示されます。また、フィールドグループが、スキーマの一部として UI に表示されている必要があります。

    標準フィールドグループが追加されました。

カスタムフィールドグループの追加

では、ここで、 Luma Identity profile field group スキーマに追加してみましょう。 最初に、list API を使用して、新しいフィールドグループの id を検索する必要があります。

  1. 要求を開きます。 Schema Registry API > Field groups > Retrieve a list of field groups within the specified container.

  2. 送信」ボタンを選択し て、アカウント内のすべてのカスタムフィールドグループのリストを取得します。

  3. の値を取得します $id Luma Identity profile field group (このスクリーンショットに記載されている値とは異なります)。
    フィールドグループのリストを取得します。

  4. 要求を再度開きます。 Schema Registry API > Schemas > Update one or more attributes of a custom schema specified by ID.

  5. Params 」タブに、スキーマが残っている必要があります。 $id

  6. 「Body」タブを開き、 次のコードをペーストして、 $ref 値を独自の値に置き換え $id Luma Identity profile field group ます。

    [{
      "op": "add",
      "path": "/allOf/-",
      "value": {
        "$ref": "REPLACE_WITH_YOUR_OWN_FIELD_GROUP_ID"
      }
    }]
    
  7. 「送信」を選択します。

    Id フィールドグループの追加

API 応答とインターフェイスで、そのフィールドグループがスキーマに追加されていることを確認してください。

オフライン購入イベントスキーマの作成

次に、 ​ルミナンスのオフライン購入データに使用する XDM ExperienceEvent クラスに基づいてスキーマを作成してみましょう。 スキーマエディターのユーザーインターフェイスについて理解しているので、次の操作を実行すると、スクリーンショットの数が少なくなります。

  1. XDM ExperienceEvent クラスを使用したスキーマの作成
  2. ​一般的な注文明細を取得するために、標準フィールドグループの商業詳細を追加します。その中にあるオブジェクトについては、少し時間を割いてください。
  3. Luma Identity profile field group を検索。これは利用できません。 フィールドグループはクラスに関連付けられていますが、このスキーマには別のクラスを使用しているので使用できないことに注意してください。 Id フィールドを含む XDM ExperienceEvent クラスの新しいフィールドグループを追加する必要があります。 データ型を使用すると、非常に簡単に作成できます。
  4. 新規フィールドグループの作成」 ラジオボタンを選択します。
  5. 表示名を入力Luma Identity ExperienceEvent field group 、「 フィールドグループを追加 」ボタンをクリックします。
  6. ​「構造」セクションに「+」ボタンが表示されていることを確認します。 ​これにより、新規フィールドを追加することができます。
  7. 構造 」セクションで スキーマのトップレベルで「+」を選択します。
  8. フィールド名として「」と入力します。 systemIdentifier
  9. 表示名として 「」と入力します。System Identifier
  10. 「種類」 で、 事前に作成した カスタムデータ型のシステム id を選択します。
  11. 適用 」ボタンを選択します。
  12. スキーマに名前を付ける Luma Offline Purchase Events Schema
  13. 保存 」ボタンを選択します。

データ型によってすべてのフィールドが追加されていることに注意してください。

フィールドグループへのデータ型の追加

また、「 クラス」見出しの下の「XDM ExperienceEvent」を選択し、 ​このクラスによって提供されるいくつかのフィールドを調べます。 XDM ExperienceEvent クラスを使用する場合は、次のフィールドに入力する必要があります。このようなフィールドは、このスキーマを使用したときに取り込むすべてのレコードに設定されている必要があります。 _id

エクスペリエンスイベントの基本構造

Web Events スキーマの作成

ここでは、ルミナンスの web サイトのデータについて、さらに1つのスキーマを作成します。 この時点で、スキーマを作成するためのエキスパートになる必要があります。 これらのプロパティを使用して、次のスキーマを作成します。

プロパティ
クラス XDM ExperienceEvent
フィールドグループ AEP Web SDK ExperienceEvent Mixin
フィールドグループ コンシューマーエクスペリエンスイベント
スキーマ名 ルミナンス Web Events スキーマ

コンシューマーエクスペリエンス」イベント フィールドグループを選択します。 このフィールドグループには、商業に関する詳細情報が含まれていた commerce および productListItems オブジェクトが含まれてい ます。 実際の ​ コンシューマーエクスペリエンスイベント ​ は、他のいくつかの標準フィールドグループの組み合わせであり、個別に使用することもできます。 AEP Web SDK ExperienceEvent Mixin ​ フィールドグループにも、コンシューマーエクスペリエンスイベントの一部のフィールドグループが含まれてい ます。 さいわいにも、これらの機能はシームレスに統合されています。

このスキーマにが追加されていないことに注意 Luma Identity ExperienceEvent field group してください。 これは、Web SDK には、id の収集方法が異なるからです。 ​スキーマエディターの「コンポジション」セクションで XDM ExperienceEvent クラスを選択した場合は、 ​デフォルトで追加されるフィールドの1つが、「ユーザーマップ」と呼ばれることに注意して ​ください。IdentityMap は、様々な Adobe アプリケーションで、プラットフォームにリンクするために使用されています。 「ストリーミング取り込み」レッスンで、id が Platform に送信される方法を説明しています。

製品カタログスキーマの作成

「 ​ コマース詳細 ​ ​ 」および「コンシューマエクスペリエンス」イベントフィールドグループを使用すると ​ 、ルミナンスは、標準の productListItems データ型を使用して製品に関するイベントの詳細を報告します。 また、プラットフォームに送信する製品詳細フィールドも追加されています。 Pos システムおよび電子商取引システムでこれらのすべてのフィールドを取得するのではなく、ルミナンスは、それらのフィールドを商品カタログシステムから直接取り込みます。 "スキーマリレーションシップ" を使用すると、2つのスキーマ間のリレーションシップを定義できます。これを使用すると、分類とルックアップを行うことができます。 ルミナンスは、その製品についての分類に関係が使用されます。 ここでは、プロセスを開始して、次のレッスンの最後に完成させます。

メモ

既存の分析またはターゲットとして使用している場合は、エンティティをスキーマリレーションシップで分類することは、聖なるという点に似ています。製品カタログを推奨します。

まず、カスタムクラスを使用して、ルミナンス製品カタログのスキーマを作成する必要があります。

  1. スキーマを作成 」ボタンを選択し、 ​ドロップダウンから「参照」オプションを選択します。
    新規スキーマの作成
  2. 新規クラスを作成 」ラジオボタンを選択します。
  3. 名前を付ける Luma Product Catalog Class
  4. ビヘイビアーを ​レコードとして残しておく
  5. クラスを割り当て 」ボタンを選択します。
    新規クラスの作成
  6. Luma Product Catalog field group 次のフィールドを使用して、新しいフィールドグループを作成します。
    1. productName: 製品名: String
    2. 「productCategory カテゴリー: 製品カテゴリー: ストリング
    3. productColor: Product Color: String
    4. productSku: 製品 SKU: String |必須
    5. productSize: 製品サイズ: String
    6. 「製品価格: 製品価格」: 倍
  7. スキーマの名前を指定します Luma Product Catalog Schema (正確なフィールドを更新し、クラス名は更新しないようにしてください)。
  8. ​スキーマの保存

このような新しいスキーマは、次のようになります。 productSkuフィールドが ​ 「必須フィールド」セクションにどのように表示されるかに注意して ​ ください。
製品スキーマ

次の手順では、2つの ExperienceEvent スキーマとの関係を定義し Luma Product Catalog Schema ます。ただし、そのためには、次のレッスンに追加する必要があります。

その他のリソース

これで、スキーマを使用して id をマップできるようになりました 🔗

このページ