マージポリシーの作成

このレッスンでは、結合ポリシーを作成して、複数のデータソースがプロファイルにマージされる方法を優先して作成します。

Adobe エクスペリエンスプラットフォームを使用すると、複数のソースからデータを取り込み、それを組み合わせて、個々の顧客の完全なビューを表示することができます。 このデータを組み合わせる際には、統合ポリシーによって、データの優先順位と結合されるデータを指定します。これにより、統合されたビューが作成されます。

このレッスンでは、ユーザーインターフェイスについて説明しますが、統合ポリシーを作成するための API オプションも用意されています。

データアーキテクト は、このチュートリアルの外でマージポリシーを作成する必要があります。

練習を開始する前に、この短いビデオで、マージポリシーについて詳しく説明します。

必要な権限

「権限の設定」のレッスンでは、 🔗 このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

マージポリシーとユニオンスキーマについて

このレッスンでは、バッチ処理を行う際に、同じお客様について多少異なる情報が記載された2つのレコードをアップロードしました。 このデータでは、 Loyalty 顧客の名は、ユーザーの名前でした Daniel が、 New York City CRM データでは顧客の姓名が有効に Danny Portland なりました。 顧客データは時間と共に変更します。 「」から「 Portland に移動しました New York City 。 電話番号や電子メールアドレスのように、その他の変更も同様に変更されます。 統合ポリシーは、2つのデータソースが同じユーザーに対して異なる情報を渡した場合に、このような種類の競合を処理する方法を決定するのに役立ちます。

そのため、 Danny 1 名として勝ちになりました。 では、次のようにしてみましょう。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、 左側の ナビゲーションで「プロファイル」を選択します。
  2. マージポリシー 」タブへの移動
  3. デフォルトのマージポリシーは、タイムスタンプが付けられています。 ここでは、ロイヤルティデータの後に CRM データをアップロードしたので、 Danny プロファイルの最初の名前として「勝ち」と表示されます。

「ポリシーをマージ」画面

プロファイルに対して複数のスキーマが有効になっていると、 1 つのユニオンスキーマが自動的に作成され、基本クラスを共有しているすべてのプロファイルが有効になります。 ユニオンスキーマを表示する には、「 ユニオンスキーマ」タブに移動し ます。

「ポリシーをマージ」画面

ExperienceEvent クラスにはユニオンスキーマがないことに注意してください。 ExperienceEvent データがプロファイルに格納されますが、タイムシリーズをベースにしているので、各イベントにはタイムスタンプと id が含まれており、コリジョンが問題になることはありません。

では、デフォルトのマージポリシーを使用していない場合は、どうすればよいですか。 競合がある場合は、ルミナンスによって CRM システムが真理状態ソースに設定されます。 ここでは、マージポリシーを作成します。

UI でのマージポリシーの作成

  1. 「ポリシーの結合」画面で、 右上の「結合ポリシーの作成」ボタンを選択します。
  2. 名前 に「」と入力します。Loyalty Prioritized
  3. スキーマに する には、「XDM Profile」を選択します (これは、レコードデータであるため、 マージポリシーでも使用できます)。
  4. Id ステッチについて ​は、「プライベートグラフ」を選択します。
  5. 属性のマージについて ​は、 データセットの優先度を選択します。
  6. Luma Loyalty Dataset Luma CRM Dataset データセットパネルをドラッグ & ドロップすることが ​できます。
  7. の上 Luma Loyalty Dataset にドラッグ & ドロップして、「一番上」に移動してください。 Luma CRM Dataset
  8. 保存 」ボタンを選択します。

マージポリシー

マージポリシーの検証

マージポリシーによって予想どおりの動作が行われているかどうかを見てみましょう。

  1. 参照 」タブに移動します。
  2. マージポリシー を新しいポリシーに変更します。 Loyalty Prioritized
  3. Identity 名前空間とし て、Luma CRM Id
  4. Id 値が使用されている場合112ca06ed53d3db37e4cea49cc45b71e
  5. プロファイルを表示」ボタンを選択します。
  6. Daniel 戻る

別のマージポリシーを使用したプロファイルの表示

データセットが制限されたマージポリシーの作成

データセットの優先度を使用してマージポリシーを作成する場合は、右側に追加したのと同じ基本クラスのデータセットのみがプロファイルに追加されます。 別のマージポリシーを設定します

  1. 「ポリシーの結合」画面で、 右上の「結合ポリシーの作成」ボタンを選択します。
  2. 名前 に「」と入力します。Loyalty Only
  3. スキーマとして ​、「XDM」プロファイルを選択します。
  4. Id ステッチについて ​は、「なし」を選択します。
  5. 属性のマージについて ​は、 データセットの優先度を選択します。
  6. 選択されている Luma Loyalty Dataset データセットパネルにのみドラッグ & ドロップし ​ます。
  7. 保存 」ボタンを選択します。

ロイヤルティのみマージポリシー

マージポリシーの検証

次に、このマージポリシーの機能について説明します。

  1. 参照 」タブに移動します。
  2. マージポリシー を新しいポリシーに変更します。 Loyalty Only
  3. Identity 名前空間とし て、Luma CRM Id
  4. Id 値が使用されている場合112ca06ed53d3db37e4cea49cc45b71e
  5. プロファイルを表示」ボタンを選択します。
  6. プロファイルが見つからないことを確認します。
    ロイヤルティのみ CRM Id のルックアップはありません。

CRM Id はの id フィールドです Luma Loyalty Dataset が、プロファイルの検索に使用できるのはプライマリ id のみです。 では、プライマリ id を使用してプロファイルを検索してみましょう。 Luma Loyalty Id

  1. Id 名前空間の 変更Luma Loyalty Id
  2. Id 値が使用されている場合5625458
  3. プロファイルを表示」ボタンを選択します。
  4. プロファイルを開くプロファイル id を選択します。
  5. 属性 」タブに移動します。
  6. ここでは、CRM データセットから取得された他のプロファイル (携帯電話番号、電子メールアドレスなど) は使用できません。
    「ロイヤルティのみ」ポリシーには CRM データは表示されません。
  7. イベント 」タブに移動します。
  8. ExperienceEvent データは、マージポリシーデータセットに明示的に指定されていない場合でも使用できます。
    イベントは、「ロイヤルティのみ」ポリシーで表示可能

結合ポリシーについて

プロファイル検索で、によって使用される結合ポリシーを変更 Default Timebased し、「 プロファイルの表示」ボタンを選択し ます。 Danny はバックされています。

別のマージポリシーを使用したプロファイルの表示

この記事では、次の点について説明します。 このような場合、プロファイル結合は1回ではありません。 リアルタイムの顧客プロファイルは、どのような条件に基づいて実行されるかを含めて、稼働中にアセンブルされます。 必要な顧客のビューに応じて、異なるコンテキストで使用するために複数のマージポリシーを作成することができます。

マージポリシーの主な用途は、データガバナンスです。 例えば、パーソナライズされたユースケースには使用できない sun 以外のデータをプラットフォームに取り込むことができますが、 広告ユースケースに使用することができ ます。 このようなサードパーティ製のデータセットを除外したマージポリシーを作成することができます。また、このマージポリシーを使用して、広告の用途に応じたセグメントを構築することもできます。

その他のリソース

次に、 データガバナンスフレームワークについて説明 します。

このページ