権限の設定

このレッスンでは、次を使用してAdobe Experience Platformのユーザー権限を設定します。 Adobe’s Admin Console.

アクセス制御は、Experience Platformの主要なプライバシー機能です。ユーザーが職務機能を実行するのに必要な最小限の権限に制限することをお勧めします。 詳しくは、 アクセス制御に関するドキュメント を参照してください。

データアーキテクトとデータエンジニアは、Adobe Experience Platformのパワーユーザーで、このチュートリアルを完了し、後で日常業務を完了するには、多くの権限が必要になります。 データアーキテクトは、 その他の Platform ユーザー マーケター、アナリスト、データサイエンティストなどの会社の このレッスンを完了する際に、これらの機能を使用して会社の他のユーザーを管理する方法について考えてみましょう。

データアーキテクト 多くの場合、このチュートリアル以外の他のユーザーに対する権限を設定します。

重要

Adobe Experience Cloud製品のシステム管理者は、このレッスンの手順の一部を完了する必要があります。この手順は、セクションの見出しで呼び出されます。 システム管理者でない場合は、会社の担当者に連絡し、これらのタスクの完了を依頼してください。

Admin Console

この Admin Console は、すべてのAdobe Experience Cloud製品へのユーザーアクセスを管理するためのインターフェイスです。 詳しくは、 Adobe Admin Consoleドキュメント を参照してください。 鍵はここにある Admin Console 概念:

  • A 製品プロファイル は、特定のAdobe製品に関連付けられた権限、役割、サンドボックス環境の組み合わせです。 1 つの製品に対して複数の製品プロファイルをAdobeできます。 例えば、「マーケター」プロファイルでは、通常のマーケターが実稼動 Platform 環境で主要なタスクを完了するために必要な権限に権限を制限し、「データアーキテクト」プロファイルを使用して、複数の Platform 環境で様々な権限を付与できます。 このレッスンでは、データアーキテクトおよびデータエンジニアがサンドボックス環境でこのチュートリアルを完了するために必要なすべての権限を持つ「Luma チュートリアル」製品プロファイルを作成します。
  • An 統合 は、 プロジェクト (Adobe Developer Console) Adobe Developerコンソールは、AdobeAPI の認証と設定の中心となります。 統合は、開発者コンソールで設定し、 Postman レッスン。

Platform に存在する役割の概要を次に示します。

  • ユーザー の製品プロファイルは、製品プロファイルで割り当てられた権限に従って、Platform のユーザーインターフェイスでタスクを完了できます。
  • 開発者 の製品プロファイルは、製品プロファイルの権限に応じて、Platform の API を使用してタスクを完了できます。
  • 製品プロファイル管理者 編集可能 特定のプロファイルの 権限を追加し、ユーザー、開発者、および追加のプロファイル管理者を追加します。
  • 製品管理者 ~を管理できる すべての製品プロファイル Platform の場合は、新しい製品プロファイルを追加します。
  • システム管理者 製品管理者を追加し、すべてのAdobe Experience Cloud製品の基本的な権限を管理できます。

Experience Platform製品プロファイルの作成(システム管理者または製品管理者が必要)

この演習では、ユーザーまたは会社のシステム管理者がAdobe Experience Platformの製品プロファイルを作成し、その製品プロファイルの管理者として追加します。

メモ

このチュートリアルを担当する同僚を支援するシステム管理者の場合は、同僚を 製品管理者 Adobe Experience Platform 製品管理者は、これらの手順を自分で完了し、将来他のExperience Platformユーザーを管理できます。

製品プロファイルを作成するには:

  1. にログインします。 Adobe Admin Console
  2. 選択 製品 上部ナビゲーションで
  3. 選択 Adobe Experience Platform 左側のナビゲーション ( 場合によっては、 Experience Cloud セクション )
  4. 既にExperience Platformインスタンスに複数のプロファイルが存在する場合があります。 を選択します。 新しいプロファイル 別のボタンを追加する
    「新しいプロファイルを追加」を選択します。
  5. プロファイルに名前を付ける Luma Tutorial Platform (会社の複数の担当者がこのチュートリアルを受け取る場合は、チュートリアル参加者の名前を末尾に追加します)、 次へ ボタン
    プロファイルに Luma Tutorial Platform という名前を付けます。
  6. 製品ライセンスの詳細に応じて、次の情報が表示される場合と表示されない場合があります。 サービス 画面 このチュートリアルではこれらのサービスを使用しないので、チェックを外します すべてのサービスを有効にする から 削除 すべてのサービスと選択 保存.
    サービスを無効にする

次に、チュートリアル参加者を新しく作成した製品プロファイルの管理者として追加します。 If あなた はチュートリアルの参加者です。次に進んでください: Experience Platform製品プロファイルの設定:

  1. を選択します。 Luma Tutorial Platform 製品プロファイル:

    プロファイルを開く

  2. を選択します。 管理者 タブをクリックし、 管理者を追加 ボタン:

    「管理者」タブに移動し、「管理者の追加」を選択します。

  3. ワークフローを完了し、チュートリアル参加者を管理者として追加します。

これらの手順を完了すると、 Luma Tutorial Platform プロファイルは 1 人の管理者で設定されます。
Platform プロファイルが作成されました

Experience Platform製品プロファイルの設定

これで、 Luma Tutorial Platform 製品プロファイル:チュートリアルの完了に必要な権限と役割を設定できます。

権限の追加

次に、個々の権限項目をプロファイルに追加します。

  1. を開きます。 Luma Tutorial Platform 製品プロファイル

  2. 権限」タブを選択します。

  3. の下 サンドボックスProd サンドボックスをプロファイルに追加します。 次にアクセスする必要があります: Prod サンドボックスを追加します。 次のレッスンでチュートリアルサンドボックスを追加したら、 Prod 製品プロファイルのサンドボックス。

  4. の下 データ取り込み、 ソースの管理 および ソースを表示 権限項目。

  5. 下のスクリーンショットでハイライト表示されているカテゴリに対して、すべての権限項目を追加します (データモデリング, データ管理, プロファイル管理, Identity Management, サンドボックス管理, クエリサービス, データガバナンス, ダッシュボード、および アラート) をクリックします。

  6. すべての権限項目を追加したら、必ず 保存 ボタン

保存後、画面は次のようになります。
実稼動環境を表示するインターフェイス サンドボックス 含まれる  ソースの管理 および ソースを表示 の権限項目 データ取り込み のセクションとすべての権限 データモデリング, データ管理, プロファイル管理, Identity Management, サンドボックス管理, クエリサービス, データガバナンス, ダッシュボード、および アラート

自分をユーザーとして追加する

この時点で、 Luma Tutorial Platformのみ Experience Platform製品プロファイルを使用する場合、Experience Platformのユーザーインターフェイスにログインできません。 それには、 ユーザー 製品プロファイル内の 幸いにも、あなたは admin 製品プロファイルの「 ユーザー!

  1. 次に移動: ユーザー タブ
  2. を選択します。 ユーザーを追加 ボタン
    ユーザーを追加を選択
  3. ワークフローを完了し、自分を製品プロファイルにユーザーとして追加する

自分を開発者として追加する

Platform API を使用するには、自分を開発者として追加します。

  1. 次に移動: 開発者 タブ
  2. を選択します。 開発者を追加 ボタン
    ユーザーを追加を選択
  3. ワークフローを完了して、自分を製品プロファイルに開発者として追加する

Launch 製品プロファイルの作成(システム管理者または製品管理者が必要)

この演習では、ユーザーまたは会社のシステム管理者が、データ収集用の製品プロファイル ( 旧称Adobe Experience Platform Launch) を作成し、製品プロファイル管理者として追加します。

メモ

このチュートリアルを同僚の手助けをするシステム管理者の場合は、これらを 製品管理者 (Launch 用)。 製品管理者は、自分でこれらの手順を完了し、将来 Launch の他のユーザーを管理できるようになります。

製品プロファイルを作成するには:

  1. 内 Adobe Admin Console Adobe Experience Platform Launch製品に移動
  2. という名前の新しいプロファイルを追加します。 Luma Tutorial Data Collection (会社の複数の担当者がこのチュートリアルを受け取る場合は、チュートリアル参加者の名前を最後に追加します)。
  3. をオフにする プロパティ > 自動インクルード 設定
  4. この時点でプロパティや権限を割り当てない
  5. チュートリアル参加者をこのプロファイルの管理者として追加

これらの手順を完了すると、 Luma Tutorial Data Collection プロファイルは 1 人の管理者で設定されます。
作成されたローンチプロファイル

Launch 製品プロファイルの設定

これで、 Luma Tutorial Data Collection 製品プロファイル:チュートリアルの完了に必要な権限と役割を設定できます。

権限の追加

次に、個々の権限項目をプロファイルに追加します。

  1. Adobe Admin Consoleに移動します。 製品 > Adobe Experience Platform Launch

  2. を開きます。 Luma Tutorial Data Collection profile
    製品/Adobe Experience Platform Launch/Luma Tutorial Data Collection を開きます。

  3. 次に移動: 権限 タブ

  4. 開く プラットフォーム

  5. 利用可能なすべてのプラットフォームが選択されていることを確認します(ライセンスに応じて異なるオプションが表示される場合があります)。

  6. 保存 変更
    プラットフォームの追加

  7. 開く プロパティ

  8. 次を確認します。 自動インクルード トグルオフにして、どのプロパティにもアクセスできなくします(後で追加します)

  9. 保存 変更
    プロパティを削除

  10. 開く プロパティ権限

  11. 選択 すべて追加 すべてのプロパティ権限を追加するには

  12. 保存します。
    プロパティを削除

  13. 開く 会社権限

  14. 追加 プロパティを管理

  15. 選択 保存

    プロパティを削除

自分をユーザーとして追加する

次に、自分を Launch プロファイルにユーザーとして追加します。

  1. 次に移動: ユーザー タブ
  2. を選択します。 ユーザーを追加 ボタン
    ユーザーを追加を選択
  3. ワークフローを完了し、自分を製品プロファイルにユーザーとして追加する

Launch の開発者として自分を追加する必要はありません。

これで、チュートリアルの完了に必要な権限のほとんどが揃いました。 内部で行うツイークは、さらに 2 つだけです。 Adobe Admin Console次の 1 つを含む サンドボックスの作成!

このページ