セグメントの作成

このレッスンでは、前のレッスンで ingested したプロファイルデータに基づいて、いくつかのセグメントを構築します。

リアルタイムの顧客プロファイルを作成すると、類似した特徴を共有する個人のセグメントを作成して、マーケティング戦略と同様に対応することができます。 これらのセグメントの構築ブロックは、事前に作成した XDM フィールドです。

データアーキテクト は、このチュートリアルの外でセグメントを作成し、このタスクを使用して同僚をサポートする必要があります。

練習を開始する前に、セグメントの作成について詳しくは、この短いビデオを参照してください。

必要な権限

このレッスンでは、次のよう 🔗 に、このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

  • アクセス許可アイテム のプロファイル管理 > セグメント の管理、 セグメント の表示、および 対象セグメントの書き出し
  • アクセス許可アイテム プロファイル の管理 > ​の表示とプロファイルの 管理
  • 権限アイテムの サンドボックス > Luma Tutorial
  • 製品プロファイルへのユーザーのロールアクセス Luma Tutorial Platform
  • デベロッパー- Luma Tutorial Platform 製品プロファイル (API) へのロールアクセス

基本的なセグメントの構築

「ゴールド」または「プラチナ」状態のロイヤルティプログラムのお客様向けに単純なセグメントを作成します。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、左側の ナビゲーションのセグメントに移動します。

  2. セグメントを作成 」ボタンを選択します。

  3. スキーマビルダーの左側には、属性 (記録データ)、イベント (タイムシリーズデータ)、および対象ユーザーについての3つのタブがあります。

  4. 歯車アイコンを選択した場合は、データのあるフィールドのみが表示され、セグメントには別のマージポリシーを選択することもできます。

  5. 「属性」タブで、 XDM YOUR_TENANT_ID > ロイヤルティフォルダーに移動します (「ロイヤルティ」を検索することもできます)。

  6. Level 属性フィールド」メニューから「セグメントビルダーキャンバス」にドラッグ & ドロップ

  7. Level 等しい」 Gold または「 Platinum

  8. 名前 に「」と入力します。Luma customers with level Gold or Above

  9. 「保存」を選択します。

    セグメント

  10. 数分後に、この区分に適合している既存のお客様の見積もりが表示されます。
    セグメントのサイズの見積もり

動的セグメントの構築

この練習では、1つの製品について、30日以内に2度購入したことになります。 動的セグメントでは、フィールドを変数として使用することによって、セグメンテーションを拡大・縮小できます。

  1. 左側の ​ナビゲーションのセグメントに移動

  2. セグメントを作成 」ボタンを選択します。

  3. イベント 」タブを選択します。

  4. リストのフィルター処理 purchases

  5. 購入 イベントタイプを canvas 上に 2 つずつ別々にドラッグします。

  6. 2つの購入イベントの間にある時計アイコンを選択 ​して、「30日以内」を選択します。

  7. この時点でのセグメント定義が 「参加者を含む」に「少なくとも1件の購入イベントがある場合は、少なくとも1つ購入イベントを受ける」と読むことを確認します。

    30日以内に2回購入

  8. イベントフィルターを次のように変更します。 sku

  9. SKU フィールドを2番目の購入イベントにドラッグします。
    1つの SKU を使用した2つの購入

  10. 次に、イベントフィルターを削除します。

  11. 変数の参照」セクションには、 2 つの購入イベント用のフォルダーが表示されます。 クリックして 購入1を探索
    1つの SKU を使用して、2つの購買が表示されます。

  12. 「製品リストアイテム」フォルダーをドリルダウンしSKU フィールドを選択して、 等号オペランドの右側にドラッグし ​ます。領域の上にマウスポインターを移動したときに、「オペランド比較に追加」セクションにドロップします。

  13. セグメントに名前を付ける Bought same product within 30 days

  14. 「参加者の定義」が 「参加者に少なくとも1件の購入イベントがある場合は、少なくとも1件の購入イベントによって ((sku = PURCHASES1 sku))」を確認してください。

  15. 保存 」ボタンを選択します。

    過去30日のセグメントで同じ製品を購入

マルチエンティティセグメントの構築

前のレッスンの「」と「」の関係をどのようにして作成したかを覚えてい Luma Offline Purchase Events Schema Luma Product Catalog Schema ますか。 これにより、スキーマで、マルチエンティティのセグメンテーションを使用してリレーションシップを使用できるようになりました。

先進的な多重エンティティセグメンテーション機能により、複数の XDM クラスを使用して、スキーマを拡張するためのセグメントを作成できます。 その結果、セグメントビルダーは、追加のフィールドをプロファイルデータストアに対してネイティブであるかのようにアクセスすることができます。

次のセグメントを作成するには、との間に構築された関係が適用され Luma Product Catalog Schema Luma Offline Purchase Events Schema ます。

  1. 左側の ​ナビゲーションのセグメントに移動

  2. セグメントを作成 」ボタンを選択します。

  3. イベント 」タブを選択します。

  4. リストのフィルター処理 purchases

  5. 購入 イベントタイプをカンバス上にドラッグします。

  6. イベントの上にあるクロックドロップダウンを選択し、「 過去30日間」を選択します。

  7. イベント リストにフィルターを適用 category し、 "製品区分 " フィールドを 購買にドラッグします。

  8. によって開始されるようにオペレーターを変更 ​し、 men テキストボックスに入力します。

  9. 名前 に「」と入力します。Purchased a Men's product in the last 30 days

  10. 対象ユーザー定義の確認 (Include audience who have at least 1 Purchases event where ((Product Category starts with men)) ) and occurs in last 30 day(s)

  11. 保存 」ボタンを選択します。

    過去30日のセグメントで同じ製品を購入

バッチおよびストリーミングのセグメンテーション

左側の ナビゲーションの「セグメント」をクリック し、次の3つのセグメントを確認してみましょう。

  • 2つのセグメントは batch セグメントで、1つはストリーミングセグメントです。
  • プラットフォームは、条件に一致した場合に、できるだけ早くストリーミングセグメンテーションにします。 セグメント定義が複雑すぎてストリーミングできない場合は、自動的にバッチに変換されます。 この場合、購入イベントのルックアップウィンドウが7日より大きいため、2つのセグメントのデフォルトはバッチになります。 ストリーミングの制限の最新リストについては、マニュアルを参照してください 🔗
  • バッチジョブは日ごとに切り替えられ、オフにすることができます。

過去30日のセグメントで同じ製品を購入

その他のリソース

セグメンテーションには、セグメントがアクティブになっていることがあります。 これらのトピックについては、別のチュートリアルで説明します。

すべての練習を行いました。 「結論」に進んでください 🔗

このページ