統合の概要と前提条件

この情報では、Adobe I/OとPlaces Serviceの統合を作成する方法を示します。

ユーザーアクセスの前提条件

組織のシステム管理者に次のタスクが完了していることを確認します。

  • コアサービスが組織の管理コンソールに表示されます。

  • 組織に追加されました。

  • 組織のPlacesコアサービスにユーザーとして追加されている。

    詳しくは、「Places Serviceへのアクセス権を取得する」の「Places ServiceおよびExperience Platform Launchプロファイル​追加へのユーザーまたは開発者のアクセス権」を参照してください。

  • 組織のPlacesコアサービスに開発者として追加されている。

    開発者の追加について詳しくは、Places Serviceの​ユーザーまたは開発者追加をPlaces ServiceおよびExperience Platform Launchプロファイル​に参照してください。

    開発者の役割について詳しくは、開発者の管理を参照してください。

REST APIリクエスト

Places Service REST APIへの各要求には、次の項目が必要です。

  • 組織ID
  • APIキー
  • ベアラトークン

Adobe I/Oとの統合は、これらの項目と、JSON Web Token(JWT)を使用してベアラトークンをリクエストする方法を提供します。

  • JWTについて詳しくは、JSON Web Tokensの概要を参照してください。
  • Places Serviceの統合を作成するには、下の​Places Service統合の作成​の節を参照してください。
  • APIキーの統合、JWTの生成、および公開鍵証明書について詳しくは、Adobe I/O認証の概要を参照してください。
重要

Adobe I/Oコンソールにログインできない場合、またはPlaces Serviceが​統合の作成ページ​のオプションでない場合は、WebサービスAPIの概要の​組織要件​を参照してください。

Places Service統合の作成

Places Serviceの統合を作成するには、次のタスクを実行します。

公開鍵と秘密鍵のペアを生成する

Places Serviceの統合を作成するには、公開鍵と秘密鍵のペアが必要です。 これらのペアは購入することも、独自の自己署名付きキーを生成することもできます。

独自の自己署名付きキーを生成するには:

  1. ターミナルウィンドウで、次の各行をコピーして貼り付け、各行を貼り付けた後に​Enter​キーを押します。

       mkdir keys
       cd keys
       openssl req -x509 -sha256 -nodes -days 365 -newkey rsa:2048 -keyout places_integration_test_private.key -out    places_integration_test_public.crt
    
    重要

    キーを簡単に参照できるように名前を付けて、フォルダーに保存することをお勧めします。 複数の統合を作成する場合、どのキーがどの統合に属するかを簡単に識別および管理できます。

  2. OpenSSLから要求された情報を入力します。

    Country Name (2 letter code:  // Example: US
    State or Province Name (full name):  // Example: California
    Locality Name (eg, city):  // Example: San Jose
    Organization Name (eg, company):  // Example: Places
    Organizational Unit Name (eg, section):  // Example: Engineering
    Common Name (eg, fully qualified host name):  // Example: places.com
    Email Address:  // Example:  poi@places.com
    

    OpenSSLについて詳しくは、OpenSSLを参照してください。

    重要

    指定する情報は、キーに組み込まれます。

  3. .keyファイルと.crtファイルが存在するディレクトリに移動します。

    例えば、MacOSでは、Macintosh HD > users > (ユーザー名) > Keys​に移動します。

次のビデオでは、キーペアの生成プロセスを順を追って説明します。

統合ビデオ

Adobe I/OコンソールでPlaces Service統合を作成する

Places Service統合を作成するには:

  1. https://console.adobe.ioに移動し、Adobe IDにサインインします。

  2. [クイック開始]セクションで[統合を作成]をクリックします。

  3. API にアクセス」を選択し、「続行」をクリックします。

    デフォルトの場所は APIにアクセスします。

  4. 複数のExperience Cloud組織にアクセスできる場合は、右上のドロップダウンリストからその組織を選択します。

  5. Experience Cloud​の下で、統合するAdobeサービスとして「サービス​を配置」を選択し、「続行」をクリックします。

  6. 新しい統合」を選択し、「続行」をクリックします。

  7. [新しい統合の作成]画面で、名前と説明を入力します。

  8. 上で作成したxxxx_public.crtファイルを​公開鍵証明書​ドロップゾーンにドラッグ&ドロップします。

  9. 製品プロファイルを選択します。

    選択するプロファイルが不明な場合は、システム管理者に問い合わせてください。

  10. ページの下部にある「統合を作成」をクリックします。

  11. 数秒後、統合の作成​画面で、次のメッセージが表示されることを確認します。

    Your integration has been created.

  12. 統合の詳細ページが上部に統合の名前と共に表示されます。

    概要」タブはデフォルトで表示され、APIキー、組織ID、テクニカルアカウントID、および統合に関するその他の詳細が表示されます。

組織IDとAPIキーを記録します

  1. 統合の詳細ページで、「サービス」タブをクリックし、「設定済みのサービス」の下に「サービス​を配置」が表示されることを確認します。

  2. 概要」タブで、APIキー(クライアントID)と組織IDを探して記録します。

    これらのIDは、各Places Service REST API要求に必要です。

JWTトークンの生成

統合の詳細ページで、「JWT」タブをクリックし、JWTを生成して交換URLを指定することで統合をテストできるようにします。

JWTトークンを生成するには:

  1. テキストエディタで、上で作成したprivate.keyファイルを開きます。

  2. JWT」タブで、キーの内容をコピーし、「秘密鍵を貼り付け」フィールドに貼り付けます。

  3. JWT​を生成」をクリックします。

  4. CURL コマンドの例」セクションで、「コピー」をクリックし、コマンドプロンプトまたはターミナルウィンドウに内容を貼り付けます。

  5. キーボードの​Enter​キーを押して、コマンドを実行します。

  6. "token_type": "bearer""access_token"の値を探します。

    bearerアクセストークンの値は、Places Service APIリクエストで使用する値です。

重要

Adobeアクセストークンは24時間有効​**​**​のみなので、サンプルのCURLコマンドを保存します(手順5)。 アクセストークンが無効になった場合は、トークンを再生成する必要があります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free