Adobe Mobile Services

メッセージングにMobile Services Extensionを使用する前に、次の前提条件を確認します。

  • 目標地点はPlaces Serviceで作成されました。 詳しくは、POIの作成を参照してください。

    重要

    Places Serviceには、従来のMobile Services UIの外部に存在する組織のPOIデータベースが新たに追加され、改善されました。 Mobile Service プレース​の管理ページナビゲーションにあるPOIは、SDKのバージョン4でのみ機能します。

  • 以前のバージョンのSDK用のレガシーMobile Services UIの​場所の管理 POI管理ページを示します。

    レガシーUI

  • Places Service UIは次のとおりです。

    Places Service POI管理UI

  • ACP SDKは、Places Service拡張および/またはPlaces Monitor拡張を使用して正しく設定されます。

    つまり、モバイルアプリのExperience Platform Launchルールエンジンで、イベントや条件としてデータを使用できます。 詳しくは、拡張子またはモニター拡張子を配置を参照してください。

  • モバイルアプリのACP SDKに対するExperience Platform Launchルールの作成と公開について説明します。

    詳しくは、ルールエンジンを参照してください。

  • Experience Platform Launchデータ要素は、ルールエンジンで使用されるPlaces拡張データから作成されます。

    詳しくは、データ要素を参照してください。

レポート

レポートを使用する前に、次の前提条件を満たします。

レポート可視化

Adobe Analyticsに送信されるPlaces Serviceデータを使用して、Mobile Serviceレポートを実行できます。 次の例では、POIの1つにエントリがある場合にイベントが送信されます。 このレポートでは、POIエントリイベントのフィルターが追加され、すぐに使用できるユーザーレポートに表示されます。

レポートの視覚化

Places Serviceデータを視覚化する際の柔軟性は、Adobe Analyticsのインターフェースでも追加できます。

このページ