Analytics Workspaceの場所データに関するレポート

このドキュメントは、Analytics Workspaceでの場所データのレポート方法の例を示します。 各手順には、概要レベルの概要が含まれ、他のドキュメントページを参照することで詳細が提供されます。

前提条件

このドキュメントでは、次の項目を想定しています。

  1. Places拡張機能がアプリケーションに実装されます。

    Places拡張機能の実装について詳しくは、Places extensionsを参照してください。

  2. Adobe Analyticsのユーザーは管理者で、処理ルールにアクセスできます。

    処理ルールについて詳しくは、「処理ルールの概要」を参照してください。

  3. Launchプロパティで、目的のPlaces Service変数に対してデータ要素が作成されています。

    Launchのデータ要素について詳しくは、データ要素の定義を参照してください。

1.開始ルールの作成

デバイスがPOIに入ったときにSDKからAnalyticsにデータを送信するルールを作成します。 この種のルールの作成については、AnalyticsへのPOIエントリおよび出口データの送信ページで説明しています。

この例では、ルールのアクションに、Analyticsリクエストに対して次の値が定義されています。

  • ​Actionsには、「 Places Entry」という値が指定されます。

  • コンテキストデータキー​poi.name​は、データ要素​{%%POI Name%%}​の値に設定されます。

"アクションを設定"

2. Analytics変数の作成

コンテキストデータをマッピングする(手順1で送信)には、まずAnalyticsレポートスイート用の変数を作成する必要があります。 Analyticsでの変数の作成について詳しくは、コンバージョン変数(eVar)を参照してください。

この例では、コンバージョン変数​Evar2​が作成され、Places POI Name​という名前が付けられています。 レポートで公開する場所変数ごとに、追加の変数を作成する必要があります。

「analytics変数の作成」

3.処理ルールの作成

この手順は、コンテキストデータ(手順1)をAnalytics変数にマッピングする場合に必要です(手順2)。 処理ルールの作成について詳しくは、処理ルールの概要を参照してください。

この例では、コンテキストデータ値​poi.name​を​Places POI Name (eVar2)​にマップする処理ルールが作成されています。 作成した場所変数ごとに、追加の処理ルールを作成する必要があります。

「処理ルールの作成」

4. Workspaceでレポートを生成する

この手順では、Analytics Workspaceで手順1 ~ 3で収集されたデータを表示するための基本的なレポートを示します。 Analytics Workspaceの使用方法について詳しくは、Analytics Workspaceの概要を参照してください。

この例では、レポートに次の設定が含まれます。

  • 指標 — 回数

  • Dimension- アクション名

    • Dimension別に分類 — POI名​を配置

「ワークスペースでのレポートの作成」

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now