メディア分平均オーディエンス

Media Analytics のお客様は、分平均オーディエンスパネルを使用すると、コンテンツの平均消費量をより詳細に把握できます。分平均オーディエンスを使用すると、任意の長さやジャンルのプログラミングを比較できます。さらに、お客様はこのデジタル分平均オーディエンスを線形 TV 分平均指標と比較または線形 TV 分平均指標に追加できます。このパネルでは、カスタム期間の平均オーディエンスをより柔軟に測定できるほか、期間の分類が事後に更新された場合にも測定できます。現在の分平均オーディエンス指標は、処理時に期間が使用可能な場合にのみ機能します。

Analysis Workspace のメディア分平均オーディエンスパネル

Analysis Workspace での分平均オーディエンスは、メディアストリームを視聴した時間をコンテンツの期間(または選択した期間や精度の合計値)で割った値です。

メディア分平均オーディエンスパネルでは、分類を使用して期間が使用可能になっている場合に選択した特定のコンテンツによる分平均オーディエンス分析を提供します。

分平均オーディエンスパネルでは、分類を使用して期間を指定できるかどうかに関わらず、特定のコンテンツでフィルタリング可能な、選択した期間を通じた分析も提供します。メディア分平均オーディエンスパネルにアクセスするには、Media Analytics コンポーネントが有効になっているレポートスイートに移動します。次に、左端のパネルアイコンをクリックし、 パネルを Analysis Workspace プロジェクトにドラッグします。詳細情報…

このページ