リリースノート:2021 年 10 月

2021 年 10 月リリースには以下の新機能が含まれています。機能の可用性についてはお使いの Marketo Engage のエディションをご確認ください。

利用可能性

星印()がついている機能は有償オプションになります。詳細は Marketo Engage 担当営業にお問い合わせください。

四半期リリース

以下の機能のリリースは、2022 年 10 月 22 日​に始まり、(特に指定のない限り)次の週から各機能が段階的にロールアウトされます。

AI 主導型イノベーション

  • 予測オーディエンスの強化:イベントやメールプログラムで使用される AI を活用した予測モデルに対する AI 予測に影響を与えている上位の行動を、より明確に把握できるようになりました。イベントの登録と出席率が高くなるキャンペーンメンバーの行動や、登録解除につながる要因を確認できます。AI を利用した類似モデルが、Marketo Engage のすべてのプログラムタイプで使用できるようになりました。

次世代のエクスペリエンス

  • 独自のエクスペリエンスを選択:Marketo Engage フォームの詳細やランディングページのリスト表示を操作しながら、コンテキスト、アセットの変更や環境設定を失うことなく、新しいスイッチで簡単に希望のエクスペリエンスに切り替えることができます。さらに、新しいランディングページのリスト表示でのフィルターと一括アクションの実行機能で、エクスペリエンスが強化します。

  • 効率的に検索:キーボードナビゲーションとラベルの説明の更新、結果の新しいスクロール機能、適用されたフィルターの表示などで、グローバル検索のアクセシビリティを改善しました。

  • タスクの監視:グローバルナビゲーションバーの新しいタスク通知トレイを使用して、新しいエクスペリエンスのバックグラウンドで実行されているタスクのステータスを監視します。トレイは、フォームの詳細とランディングページのリストの新しいエクスペリエンス表示から開始されるタスクに関する通知をキャプチャします。これには、ランディングページのステータスの変更や、新しいエクスペリエンスを使用した一般的な一括操作が含まれます。

エクスペリエンスの自動化

  • フォーム API プログラムメンバーのカスタムフィールドサポートの送信:Submit Form API エンドポイントが、プログラムメンバーカスタムフィールドをサポートするようにアップグレードされ、カスタムフォームの統合でプログラム固有のデータを収集できるようになりました。

四半期を通した段階的リリース

以下の機能はリリース後約 1 ~ 2 か月の間に段階的にリリースされます。

  • オーディエンスを Marketo Engage に共有するためのネイティブ Adobe Experience Platform Connector:ネイティブの宛先コネクタを介して Adobe Experience Platform で作成されたオーディエンスセグメントに対して、Marketo Engage でのマルチチャネルのキャンペーンオーケストレーションを有効にします。コネクタは、メールアドレスまたは ECID を使用して、Adobe Experience Platform プロファイルを Marketo Engage 人物レコードと照合し、アプリケーション間でセグメントを共有します。Marketo Engage の静的リストは自動的に入力され、マーケターは、高度にパーソナライズされたメッセージングやワークフローを使用してターゲットオーディエンスにリーチできます。顧客オーディエンスをアクティブ化し、自分の顧客と商談のコンテキスト、および Experience Platform でのより完全なリアルタイム統合プロファイルを活用できます。

  • Adobe Experience Platform Marketo Data Source Connector:Adobe Experience Platform と Marketo Engage の両方のユーザーが、Marketo Source Connector を利用して Marketo から AEP にデータを取り込むことができます。AEP 内で Marketo からデータ(およびその変更)をストリーミングして、2 つの製品間のデータの一貫性を維持できます。Marketo コネクタは、ソースカタログ(「アドビアプリケーション」の下)で確認できます。

Sales Insight

(星印)

Microsoft Dynamics 365 Sales の Sales Insight

  • 最優先の機能強化:Sales Insight の「最優先」タブでは、最もホットな連絡先とリードをリアルタイムで表示し、品質と緊急度で優先順位付けします。営業担当がスコアの確認、メールの送信、指定した Marketo Engage キャンペーンへの見込み客の追加のようなアクションを最有望見込客ページから直接おこなえるようにして、効率を高め、応答時間を短縮します。

  • 新規メール、web アクティビティ、匿名 web アクティビティダッシュボード:新しいセールスダッシュボードを追加し、販売者にリードや連絡先の最新のメールおよび web アクティビティについて知らせるようにしました。新しいフィルタリング機能により、ダッシュボードで、メールの開封数、クリック数、web ページへの訪問回数に関するインサイトが得られ、完全な顧客リストや特定の顧客が得られます。Marketo Engage は、すべての web アクティビティを追跡し、セールスに重要な情報を提供し、匿名トラフィックをリードに変えます。販売者は、リード行動に関するより深い情報を得て、すべてのタッチポイントの関連度に基づいて行動し、エンゲージメントをパーソナライズし、リードをより速く販売に変換できます。

Salesforce に関する Sales Insight

  • 顧客および商談レベルの最有望見込客:Sales Insight では、リードが別のチームメンバーに割り当てられている場合でも、担当する顧客または商談のすべての連絡先に対して、営業担当が最有望見込客を確認できるようになりました。これにより、顧客と商談の所有者は、関連する連絡先のアクティビティを完全に可視化し、顧客と商談のより包括的な視点に基づいて行動できるようになります。

Sales Connect

(星印)

  • セールスアクティビティインサイトの強化:新しいメール返信追跡アクティビティ「返信済みセールスメール」は、Marketo Engage と自動的に同期された電子メールでの受信者のインタラクションを追跡します。さらに、ソース属性が「Tout」から「Sales App」に更新されました。このアクティビティは、Marketo Engage REST API または一括書き出しを通じて書き出しおよびレポートでき、スマートリストの追加の制約としてフィルターやトリガーで使用し、スマートキャンペーンのパーソナライゼーションオプションを拡張できます。

  • 合理化されたユーザーエクスペリエンス:この更新では、Adobe Spectrum 設計システムに基づく Sales Connect の新しいフォント、色、ボタン、モデルが導入されました。これらのアップデートにより、より効率的なエクスペリエンスを提供しています。販売者は、必要なときに必要なものに焦点を当てることができます。

Bizible

  • Bizible と Adobe Privacy Service(GA)の統合:Adobe Privacy Service との Bizible 統合は、Adobe Experience Cloud アプリケーション全体で、GDPR(一般データプライバシー規則)や CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などの重要なデータプライバシー規制へのコンプライアンスを一元化します。このサービスを活用し、Adobe の Privacy Service を通じてすべてのプライバシーリクエストを一元的に管理して、Bizible や他のアドビ製品に対する変更リクエストがアプリケーション間で反映されるようになりました。

お知らせ

  • リード廃止/Munchkin ベータ版 161 アップデートの関連付け:2021 年 9 月 7 日に、Munchkin のバージョン 161 は、Munchkin ベータ版を有効にしてサブスクリプションの 10%に展開し始め、次いで 9 月 16 日に 50%、9 月 30 日に 100%に展開しました。この変更は、Marketo Engage のランディングページと、最近のバージョンがロールアウトされたサブスクリプションから読み込まれる外部のランディングページに提供されるファイル munchkin-beta.js のバージョンに影響します。このバージョンでは、Munchkin Associate Lead メソッドを完全に廃止します。これは、Marketo Engage サブスクリプションに個人のデータを送信し、既知のリードレコードと関連する web 閲覧履歴を送信できる機能です。Forms JS API、フォーム送信 API、Associate Lead REST API など、より最新でセキュアな代替手段のために、「リードの関連付け」は削除されています。この廃止について詳しくは、こちらを参照してください。

  • Sales Connect の更新:Sales Connect の最近の UI の変更により、Salesforce の一部のモデルが中断されました。この問題を修正するには、パッケージを更新してください。

製品リリースウェビナー

2021 年 10 月の Marketo Engage リリースウェビナー

このページ