リリースノート:2021 年 8 月

2021 年 8 月リリースには、次の機能が含まれています。機能の可用性についてはお使いの Marketo Engage のエディションをご確認ください。

利用可能性

星印()がついている機能は有償オプションになります。詳細は Adobe Marketo Engage 担当営業にお問い合わせください。

四半期リリース

以下の機能は 2021 年 8 月 20 日(PT)にリリースされます。

エクスペリエンスの自動化

  • Marketo EngageID を使用した Adobe ユーザー認証:近日中に、Enterprise パッケージを持つ新しい Marketo Engage ユーザーは、Adobe ID のユーザー認証情報を使用してオンボーディングされます。統合 ID システムへの現在のユーザーの移行は、2022 年半ばまでおこなわれず、追加の通知がおこなわれるまでは、何の操作も必要ありません。Adobe ID のユーザー認証を使用すると、IT/セキュリティ管理者は、他の Marketo Engage ソリューションと共に複数の Experience Cloud 製品インスタンスを管理し、共通のコンソールを通じて SSO を設定できます。管理者は、ユーザーグループとユーザーの使用権限を 1 か所で簡単に管理できます。

  • 実行可能なキャンペーンのネスト:実行可能なキャンペーンで、他の実行可能なキャンペーンを呼び出し、最大 3 レベルの深さまでネストできるようになりました。これにより、共通の運用フローをさらに統合し、スマートキャンペーン管理を改善できます。

  • リード詳細ページの単一フローアクション(9 月 9 日まで):データベースのグリッド表示に切り替えずに、フローアクションメニューを使用して、個人の担当者に対してメールの送信、担当者所有者の変更、その他のスマートキャンペーンアクションを実行できます。

  • カスタムアクティビティのエクスポート:メタデータの書き出しで、すべてのオブジェクトとそれぞれのメタデータがサポートされ、サブスクリプションデータモデルの共有、分析およびデザインに使用できます。

API の強化

  • Submit Form API:2 つ以上のリードレコードでメールアドレスが重複している場合、「最終更新日」レコードは完全にスキップする代わりに更新されます。Forms 2.0 API と同等の機能を提供します。

  • Email API:チャンピオンまたは挑戦者のメールアセットを取得します。日付範囲フィルターを使用してメールアセットを取得します。

四半期を通した段階的リリース

以下の機能はリリース後約 1 ~ 2 か月の間に段階的にリリースされます。

Sales Insight

(星印)

  • Salesforce CRM ユーザーのリード、連絡先、アカウント、商談アクティビティの可視性の向上:長いセールスサイクルの間の見込み客とのエンゲージメントは、Sales Insight のエンゲージメントレコード数が増えたため、より多くの情報を得られます。「注目のアクティビティ」、「web アクティビティ」、「メール」、「スコア」の各タブには、リード、連絡先、アカウント、商談の各オブジェクトにわたって最大 400 個のアクティビティが表示されます。

Sales Connect

(星印)

  • メール接続スロットリング(ベータ版):Sales Connect 用のメール接続スロットリングを使用して、メールの配信可能性を向上させ、パーソナライズされた販売コミュニケーションを拡大します。この新しいスロットリングテクノロジーは、メールの送信タイミングを自動的に管理し、Exchange および Gmail ユーザーに対してシームレスなエクスペリエンスを提供します。サードパーティの一括メール送信アプリケーションの使用を減らすまたは除外して、Sales Connect から確実にすべてのメールを送信します。
メモ

ベータ版でメールのスロットルを使用できるようになりました。詳細情報

  • セールスアクティビティインサイトの強化:セールスチームの以前の活動に基づいて、パーソナライズされたエンゲージメントをキャプチャし、アクティブ化します。セールスコールの記録リンク、セールスキャンペーン名、セールスメールの件名などの新しい属性を、Marketo Engage のスマートリストで使用できます。これらのアクティビティは、Marketo Engage REST API または一括書き出しを通じて書き出しおよび報告でき、スマートリストの追加の制約としてフィルターおよびトリガーで使用できます。

Bizible

  • Bizible LinkedIn リードジェネレーションフォーム統合:LinkedIn がリードジェネレーションフォームの広告ユニットを通じてフォームの入力をキャプチャする際に発生するコンバージョンに対して売上高属性を実行できるようになりました。これらのインサイトを使用して、フォームのパフォーマンスと有料メディアへの投資を最適化できます。LinkedIn リードジェネレーションフォームは、LinkedIn で最も急速に成長している有料メディア製品の 1 つで、この新機能は、Bizible との既存の LinkedIn 広告統合に含まれています。

  • Velocity ダッシュボードの改善:より深いインサイトを得るための新しい Velocity 指標とダッシュボードフィルターを追加しました。このダッシュボードは、マーケターが段階的なリードと商談の速度、および様々な形式のマーケティングとセールスエンゲージメントの効率を理解するために使用します。

  • 新しいコホートウォーターフォールジャーニーダッシュボード:これにより、マーケターは従来の「デマンドウォーターフォール」段階セットを通じて、選択したコホートの進行状況を表示でき、コンバージョン率と暗黙の段階的なコンバージョンの因果関係を段階的にすばやく把握できます。

Adobe Experience Cloud と Bizible の統合

この節では、Adobe Identity Management System(IMS)の移行を完了した Bizible ユーザー向けの新機能について説明します。移行済みの場合は、新しい Adobe ID が「Adobe ID」タブの Bizible 設定に表示されます。2021 年末までにすべてのアカウントを移行する必要があります。

  • Bizible と Adobe Privacy Service(2021 年 9 月から利用可能):Bizible と Adobe Privacy Service の統合により、Adobe Experience Cloud アプリケーション全体での重要なデータプライバシー規制(GDPR など)へのコンプライアンスを一元化します。このサービスを活用し、すべてのプライバシーリクエストを一元的に管理できるようになり、Bizible や他の Adobe 製品に対する変更リクエストがアプリケーション間で反映されるようになりました。

  • Adobe 統合シェルでの Bizible:Bizible の Adobe 統合シェルの採用により、Bizible アプリケーションヘッダーバーに表示される新しい機能と、サポートリソースおよびアプリケーションの切り替えへのより優れたアクセスをユーザーに提供します。Adobe 統合シェルは、Bizible と他の Adobe Experience Cloud アプリケーションとの間で一貫したエクスペリエンスを作成するのに役立ちます。

  • Bizible ドメインの所有権と自己管理:Bizible ユーザーは、Adobe Admin Console を活用して、Bizible で追跡するドメインを管理できます。セルフサービスを以前に手動でおこなうプロセスに移行し、Adobe Experience Cloud アプリケーションでドメインの所有と追跡をどのように管理するかで、一貫したエクスペリエンスを提供できます。

お知らせ

  • サブスクリプションユニバーサル ID 設定の更新:今後の Marketo Engage と Adobe ID の統合を既存のユーザーに対してサポートするために、ユニバーサル ID のサポートが有効化されて、すべての Marketo Engage の購読が統合されます。詳しくはこちらでご覧ください。

製品リリースウェビナー

2021 年 8 月の Marketo Engage リリースウェビナー

このページ