リリースノート:2022 年 8 月

2022 年 8 月リリースに含まれるすべての機能を以下に示します。 機能の可用性についてはお使いの Marketo Engage のエディションをご確認ください。

利用可能性

星(星)で示す機能は有償オプションです。詳細は Marketo Engage 担当営業にお問い合わせください。

以下の機能のリリースは、 2022 年 8 月 27 日(特に指定のない限り)後週に残りの機能が段階的に公開される場合 ) リリースの機能と正確な日付は、変更される場合があります。

クロスチャネルオーケストレーション 

  • Dynamic Chat のすべての公開済みダイアログを一度に有効化/無効化:ボタンを押しながら、設定ページから一度にすべての公開済みダイアログをグローバルに有効化/無効化します。

  • ダイナミックチャットのカスタムアバター:カスタムチャットボットアバターをアップロードして、ブランドに合わせてパーソナライズできるようにします。

  • ダイナミックチャットのチャットのトランスクリプト:各会話のチャット記録を表示して、各 Web 訪問者が興味を持っている内容に関する深いインサイトを得ます。

次世代のエクスペリエンス

  • Adobeのブランディング:新しいAdobe Experience Cloudブランディングを使用して、編集者と担当者の詳細ページのルックアンドフィールを更新しました。

  • 移動ダイアログで宛先フォルダのフォルダ階層を表示する:各フォルダーのフォルダー階層を表示すると、アセットの移動が容易になり、誤ったフォルダーに配置される可能性が低くなります。

  • 次世代エクスペリエンスのための画面の更新:次世代のエクスペリエンスで、トグルスイッチを介してアクセス可能な、最新のデザインと操作性の強化を備えた新しい画面を追加しました。

    • スニペットの詳細
    • 「画像とファイル」の詳細
メモ

例外は、マーケティングアクティビティのプログラム内のフォルダーにアセットを移動することです。 プログラム内のフォルダには名前が重複していないため、この移動アクションではフォルダ階層は表示されません。

エクスペリエンスの自動化

  • セルフサービスフローステップ — プログラムインポートの強化:同じサービスプロバイダーの複数のインスタンスを使用できるようになったカスタムフローステップを含むプログラムのインポートのサポートが改善されました。また、これらのサービスプロバイダーと互換性のあるフローステップを含むプログラムのインポートも可能です。

  • Munchkin — 拡張されたリンクトラッキング:追跡のサポートを拡張 tel および mailto Munchkin とのリンクを使用して、拡張された一連の Web 動作を追跡します。

  • Webhook カスタムヘッダーの表示:Webhook カスタムヘッダーが、可視性を高めるために、管理者/「Webhook」タブに表示されるようになりました。

  • CAPTCHA:reCAPTCHA v3 を使用してフォーム送信の有効性を評価し、受信フォームトラフィックにスコアを付けます。 疑わしいボットトラフィックを自動的に除外、強制隔離、削除するマーケティングワークフローを構築します。

  • フォームを承認する権限:フォームに対する変更を他の Design Studio アセットと合わせて承認できるデザイナーを制御する新しい権限。 これにより、他のデザイナーは、承認権限を持つユーザーがフォームをレビューしなくても、変更をフォームにプッシュできなくなります。

  • 匿名結合後は常にキャンペーン再生を実行する:匿名のリードマージはキャンペーン再生の前に発生するので、匿名キャンペーン再生がおこなわれると、カスタムフィールドフィルターは確実に動作します。

マーケティングデータ環境

  • カスタムオブジェクト「使用者」フィールドの UI 切り捨てを修正しました:「使用中」のカスタムオブジェクトフィールドを識別しやすくなり、必要に応じてカスタムオブジェクトからフィールドを削除できます。

API の強化

  • 一括プログラムメンバー抽出 API の新しいフィルタリング機能:抽出したデータセットを絞り込むには、プログラムメンバーシップのステータス、updatedAt、cadence または exhusted コンテンツでフィルタリングします。

Sales Insight

(星印)

  • Sales Insight と Dynamic Chat の統合:Sales Insight パネルで Dynamic Chat のアクティビティを表示し、この新しいデータポイントを見込みの取り組みで活用します。

お知らせ

製品リリースウェビナー

2022 年 8 月 24 日 (PT) 午前 9 時/午後 12 時 (ET) に ライブウェビナーアドビの製品チームがホストする 。最新の製品イノベーションの使用方法を学ぶことができます。

このページ