アカウントの照合へのリード

「一致」は、Marketoの「リードツーアカウント」の照合を使用して、適切な名前のアカウントに導きます。

メモ

リードツーアカウントのマ ッチングは、Marketo Targetのアカウント管理の組み込み機能です。あいまいなロジックを使用して、ほぼリアルタイムで適切な名前のアカウントにリードを自動的に一致させます。 これらの名前付きアカウントは、CRMアカウントまたはMarketoの会社です。

概要

Marketoのリードツーアカウントの照合は、次の4つの手順に従います。

手順1 - リードレコードに関する次のような重要な情報を使用して、照合プロセスを開始します。

  • 電子メールドメイン(acme.comなど)
  • IPアドレスから推測された会社名
  • 会社名 — CRMアカウント名またはリード会社名属性(フォームの入力から取得したものなど)

手順2 - 様々なリード属性に基づいて見つけた会社名を正規化します(例:Acme Inc.およびAcme Corpは、自動的にAcmeに正規化されます)。この手順では、Marketoで名前付きアカウントが1つで表示され、1つの名前付きアカウント内のすべてのリードを確認できます。

手順3 — 一致したリ ードを2つのバケットに分割します。強い試合と弱い試合。

  • 名前の付いたアカウントに弱い一致のリードが表示され、手動で解決できます。

ステップ4 - 我々は、強いマッチと弱いマッチを持つ提案企業のリストを提示する。提案された会社の1つに基づいて名前付きアカウントを作成する場合、一致するルールを作成し、適切な名前のアカウントに進む新しいリード(例えば、フォームに記入したリード)を自動的に関連付けます。 これにより、リードの一致や収益の獲得に関して心配する必要がなくなります。

MarketoのLead-to-Account MatchingはMarketo Target Account Managementの組み込み機能なので、Adobe Targetのアカウントとのマッチングは、ほぼリアルタイムでおこなわれます(例えば、リードがMarketoフォームに記入した瞬間に、適切なアカウントと関連付けます)。 このイベントを使用して、アラートをトリガーし、指定されたアカウントから新しくリードが届くことをアカウントの所有者に通知できます。

メモ

SalesforceのLeanDataを使用してリードツーアカウントの照合をおこなう場合、Marketoは、Marketoインスタンスに一致するものを同期する統合機能を備えています。 この機能を有効にするには、Marketoサポートにお問い合わせください。以下のLeanDataの設定方法をご覧ください。

リードからアカウントへの照合にLeanDataを使用

Marketoサポートがお使いのアカウントでLeanDataを有効にしたら、以下の手順に従って設定します。

  1. Salesforceで、左側のナビゲーションで「Setup Home」をクリックします。

  2. 左側のナビゲーションの「管理」で、「ユーザー」、「プロファイル」の順にクリックします。

  3. Marketo Sync​プロファイルを探して選択します。

  4. 下の「フィールドレベルのセキュリティ」セクションまでスクロールし、リードオブジェクトを見つけます。 表示​を選択します。

  5. フィールド名「Reporting Matched Account」に対して、「Read Access」列のチェックボックスがオンになっていることを確認します。

  6. Marketoで、Admin​セクションに移動します。

  7. フィールド管理」を選択します。

  8. 「一致するアカウントをレポート」を検索して、フィールドがあることを確認します。

このページ