アカウントのプロファイリングのランキングと調整

アカウントプロファイリングは、理想的な顧客プロファイル(ICP)を特定し、ICP に基づきデータベース内の企業をランク付けし、ICP 指標データを重点顧客として昇格されたアカウントに追加します。

モデル結果

成績別に分類された既知のアカウントがすべて表示されます。A は最も高いグレード、D は最も低いグレードです。

オプションではありますが、「自動的に昇格」チェックボックスはオンにすることをお勧めします。これにより、時間を大幅に節約できます。ただし、各アカウントを調べて手動で追加する場合は、このチェックボックスをオフのままにしておきます。

ランク
理想的な顧客プロファイルに基づくアカウントランク。A は最適で、D は最も適していません。
傾向
非 ICP に基づいて選択したアカウントと比較した、コンバージョン率の推定増加。
アカウント(%)
このランクを持つモデル入力のアカウントの割合。
モデル基準の割合
このランクを持つモデル基準のアカウントの割合。

モデルの調整

「モデル」タブで、「モデルを調整」ボタンをクリックします。

いくつかのタブから選択でき、詳細なカスタマイズが可能です。

指標カテゴリ

コンプライアンス
認定、コンプライアンス関連の職階/雇用。
運用
業務関連の職階/雇用。
人事
人事または給与計算ソフトウェア、人事関連の職階/雇用。
エンジニアリング
テクノロジー、フレームワーク、エンジニアリング関連の職階/雇用。
セールス
セールス向けソリューションとソフトウェア、セールス関連の職階/雇用。
目的
目的指標。
IT
ハードウェアおよびソフトウェアのソリューション、テクノロジー、IT 関連の職階/雇用。
財務
財務ソフトウェア、財務関連の職階/雇用。
マーケティング
マーケティング技術およびソフトウェア、マーケティング関連の職階/雇用。
ビジネス
Forbes リストや上場企業またはビジネスパートナーシップ。
カスタマーエクスペリエンスとリレーション
カスタマーサクセスおよびカスタマーリレーション関連の職階/雇用。

各列の説明を表示するには、ツールヒントの上にカーソルを置きます。

「ICP 指標の追加」ドロップダウンをクリックして、モデルに追加の指標を挿入します。

「エクスポート」チェックボックスをオンにすると、重点顧客の詳細ページで ICP 指標を表示でき、選択した ICP 指標を重点顧客フィルターの制約として使用できます。

メモ

ICP 指標は、重点顧客のメンバー​フィルターとトリガーに制約として含まれます。

指標の重み付けは、モデル内で各指標が受け取る重要度のレベルを制御します。

変更を有効にするには、「モデルを更新」をクリックします。

(更新後に)モデルの調整が完了したら、「モデル結果」タブに戻り、「保存してランクを適用」をクリックします。

このページ