プッシュ通知とアプリ内メッセージを作成する前に

プッシュ通知やアプリ内メッセージの作成は難しくありませんが、開始を行うには、準備が整っている必要があります。 Marketo管理者およびモバイルアプリの開発者は、次の手順に従って必要な統合を準備する必要があります。

  1. まず、Marketo管理者がモバイルアプリを追加します。

  2. 次に、Marketo管理者は、コードスニペットを開発者に送信します。

  3. 開発者はSDKをダウンロードし、AndroidまたはiOSのスニペットとその他のメソッドを含めます。

  4. デフォルトでは、アプリを開くとアプリ内メッセージがトリガーされます。 特定のページが表示されたり、特定のボタンが押されたりした場合など、他のイベント向けにメッセージをトリガーする場合は、カスタムイベントをコードに追加する必要があります(下のアプリ内メッセージのカスタムイベントを参照)。

  5. 開発者は、AndroidまたはiOSの認証とパスワード用のServer APIキーとプロジェクト番号を生成し、Marketo管理者に送信します。

  6. Marketo管理者は、サーバーAPIキー(Android) 🔗またはを使用して、プッシュ通知アクセスを証明書(iOS)と共に設定します。

ヒント

Marketoの管理者は、プッシュ設定が検証済みかどうかを簡単に確認できます。 ここに行くだけ。

アプリ内メッセージのカスタムイベント

アプリ内メッセージの場合、表示トリガーはデフォルトで​App Open​に設定されます。 アプリ内メッセージの表示のトリガーにカスタムイベントを使用する場合(例:買い物かごへのクリック数表示設定ページ)、必要なイベントのリストを作成し、モバイルアプリの開発者に提供します。 次に、開発者はカスタムイベントをコードに追加します。 承認されたユーザーは、オーディエンスの設定時に表示トリガーとして表示されます。 注意:カスタムイベントコーディングの承認プロセスの完了には、時間がかかる場合があります。

アプリ内メッセージとプッシュ通知の準備が完了したら、始める時間です。

このページ