Marketo Sales Insight の Microsoft Dynamics 365 へのインストールと設定

最終更新日: 2023-07-25

Marketo Sales Insight は、マーケティングチームが持つ豊富なデータをセールスチームに「窓」として提供するための素晴らしいツールです。インストールと設定方法を次に示します。

必要条件

Marketo と Microsoft の統合を完了します。

お使いのバージョンの Microsoft Dynamics CRM に適したソリューションをダウンロードします

ソリューションのインポート

  1. Microsoft Office 365.にログインします。

  2. - メニューをクリックし、「CRM」を選択します。

  3. -- メニューをクリックします。ドロップダウンで、「設定」を選択し、「ソリューション」を選択します。

    メモ

    次に進む前に、あらかじめ Marketo ソリューションをインストールして設定しておく必要があります。

  4. インポート」をクリックします。

  5. 新しいウィンドウで、「参照」をクリックします。手順 1 でダウンロードした Marketo Sales Insight ソリューションを選択します。「次へ」をクリックします。

  6. ソリューションがアップロードされます。必要に応じて、パッケージの内容を表示できます。「次へ」をクリックします。

  7. ボックスが​チェック​されていることを確認して、「インポート」をクリックします。

  8. ログファイルを任意にダウンロードして、「閉じる」をクリックします。

  9. これで完了です。ソリューションがすぐに表示されます。表示されない場合は、画面を更新します。

  10. すべてのカスタマイズを公開」をクリックします。

Marketo と Sales Insight の接続

Marketo インスタンスを Dynamics の Sales Insight に接続します。その方法をご紹介します。

メモ

管理者権限が必要

  1. Marketo にログインし、管理者​セクションに移動します。

  2. Sales Insight」セクションで、「API 設定を編集」をクリックします。

  3. Marketo ホスト」、「API URL」、「API ユーザー ID」をコピーして、後の手順で使用します。任意の API 秘密鍵​を入力し、「保存」をクリックします。

    注意

    API 秘密鍵にはアンパサンド(&)を使用しないでください。

    メモ

    Sales Insight を機能させるには、リードと連絡先の両方​で、次のフィールドを Marketo と同期する必要があります。

    • 優先度
    • 緊急度
    • 相対スコア

    これらのフィールドのいずれかが見つからない場合は、見つからないフィールドの名前のエラーメッセージが Marketo に表示されます。これを修正するには、この手順を実行します。

  4. Microsoft Dynamics に戻り、「設定」の横にある アイコンをクリックし、ドロップダウンから「Marketo API 設定」を選択します。

  5. デフォルト設定」をクリックします。

  6. 先ほど Marketo からコピーした情報を入力します。

  7. 右下隅にある アイコンをクリックして、変更を保存します。

ユーザーアクセスの設定

Sales Insight を使用するには、ユーザーに権限を付与する必要があります。

  1. メニューをクリックします。ドロップダウンメニューで「設定」を選択し、「セキュリティ」を選択します。

  2. ユーザー」をクリックします。

  3. Sales Insight へのアクセス権を付与するユーザーを選択し、「役割の管理」をクリックします。

  4. Marketo Sales Insight の役割を選択し、「OK」をクリックします。

    これですべて完了です。最後に、Marketo Sales Insight にアクセスし、リードや連絡先を調べるユーザーとして Dynamics にログインし、テストを実施します。

これで、セールスチームに Marketo Sales Insight を活用してもらえるようになりました。

このページ