Sales Connect管理者向けスタートガイド

このドキュメントでは、新しいSales Connectインスタンスを設定するための最初の手順を説明します。 これらの手順の一部では、Marketo管理者、Salesforce管理者、Sales Connect管理者としてアクセスする必要があります。 以下のガイドに従って、インスタンスの設定を完了します。

メモ

管理者権限が必要です。

新しいMarketo Sales Connectアカウントへのアクセス

Marketo Sales Connectを購入済みの場合は、Marketoの管理セクションからインスタンスへのアクセスがプロビジョニングされます。 ここをク リックして、Marketo管理者が新しいインスタンスへのアクセスをプロビジョニングする方法に関する手順を確認してください。

ユーザーの招待と管理

MarketoからMarketo Sales Connectアカウントをプロビジョニングし、最初の管理者ユーザーを招待したら、その管理者ユーザーはMarketo Sales Connectユーザー管理ページで追加のユーザーを招待できます。 ユーザー管 理ページからユーザーを招待する方法を確認するには、ここをクリックします。

Salesforceへの接続

電子メール、呼び出し、タスクなどの販売活動をログに記録するには、すべてのユーザーがSalesforceに個別に接続する必要があります。 ただし、管理者としてSalesforceに接続する場合は、チーム全体のアクティビティのログ設定を構成し、すべてのSales Connectユーザーにグローバルログ設定を適用できます。

Sales Connectインスタンスを管理者または非管理者としてSalesforceインスタンスに接続するには、この記事の手順に従います。

Marketoへの接続

Marketoに接続すると、販売者は、マーケティングの自動化とマーケティングの洞察を、予測に向けた取り組みに活用できます。 次の機能を使用するには、Marketoとの統合を設定する必要があります。

Marketoに接続し、販売ユーザーに接続へのアクセス権を付与する方法について詳しくは、ここをクリックしてください。

Salesforceカスタマイズパッケージのインストール

販売を成功に導くための一環として、プライマリワークスペースに適切な機能を持つことを意味します。 Sales Connectカスタマイズパッケージを使用すると、エンゲージメント機能と主要な販売アクティビティ属性をSalesforceからアクセスできます。

Sales Connectカスタマイズのインストールの詳細については、こちらをクリックしてください。

サンドボックスでのテスト

Marketo Sales ConnectをMarketo Sandboxでテストするチームの場合は、リクエストに応じて追加のSales Connectアカウントをプロビジョニングできます。 これは、Marketo Sandboxを購入した顧客、またはMarketoバンドルの一部として購入した顧客専用です。 サンドボックスの取得に関心がある場合は、Marketoのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

メモ

同じ電子メールIDを持つSales Connectアカウントを複数のインスタンスにプロビジョニングすることはできません。 つまり、追加のSales ConnectアカウントをMarketo Sandboxインスタンスでテストする場合、各アカウントで異なる電子メールIDを使用する必要があります。

このページ