メールヘッダーの編集

Marketo のメールヘッダーは完全にカスタマイズ可能です。これは、次の 4 つのフィールドで構成されます。

  • 送信者 - 表示する送信者の名前
  • 送信者アドレス — 表示する送信者のメールアドレス
  • 返信先 — 返信を送信するメールアドレス(送信者のアドレスとは異なる場合があります)
  • 件名 — メールの件名行

これらの値を編集するには、各フィールドをクリックし、情報を入力します。

ヒント

デフォルトの送信者名とメールを設定するには、「デフォルトのメール差出人と差出人ラベルの変更」を参照してください。

トークンを使用する場合は、まず目的のフィールド内をクリックし、次にトークンアイコンをクリックします。

セグメントを使用して、フィールドを動的にすることもできます。

「送信者アドレス」フィールドの右端にあるキーアイコンを使用すると、カスタム DKIM 署名を使用しているかどうかを確認できます。

「件名」フィールドの右端にあるカウンターは、件名を推奨される 50 文字以下に保つのに役立ちます。

50 文字を超えると、カウンターが赤に変わり、警告が表示されます。

このページ