スマートリストを使用してオーディエンスを定義する

メールプログラムを作成したら、メールを送信する相手を指定します。これは、リードのリストをインポートするか、スマートリストを使用することで実行できます。スマートリストを使用する方法を次に示します。

メモ

オーディエンスの定義は、メールプログラムが承認されていない場合にのみ機能します。

  1. マーケティングアクティビティ」に移動します。

  2. メールプログラムを選択し、 「オーディエンス」タイルの下にある「スマートリストの編集」をクリックします。

    ヒント

    この項目が表示されない場合は、「表示」が「コントロールパネル」に設定されていることを確認してください。

  3. 使用するフィルターを検索し、キャンバスまでドラッグします。

  4. フィルターを定義します。

  5. フィルターの追加と定義が完了したら、メインのプログラムタブに戻ります。ここで、条件を満たすリードの数を確認します。

    できましたね。次に、これらのリードに送信するために、既存のメールを選択するか、メールを作成するかを選択します。

メモ

定義
ブロック番号に気づきましたか。この数は、条件を満たすリードのうち、以下の理由によりそのメールを送信できないサブセットを表します。

  • 配信停止完了
  • マーケティングを中断したリード
  • ブロックリスト掲載
  • メール無効
  • メールが空欄

数字をクリックすると、このメール配信からブロックされているリードの詳細なリストが表示されます。注意:オペレーショナルなメールは、登録解除済みのリードとマーケティングを中断したリードに引き続き送信されます。
このメールを受け取るリードの数を確認するには、「オーディエンス」タイルの「--」ボタンを使用します。

このページ