受信者タイムゾーンを理解する

Eメールおよびエンゲージメントプログラムは、受信者のタイムゾーンに従って配信するように設定できるので、複数のプログラムを作成する必要がなくなり、1回送信するだけで、Marketoはローカル時間が正しくなるまでEメールを自動的に保持します。

メモ

受信者のタイムゾーンは、現在、電子メールコンテンツで​のみ​機能します。 デフォルトのエンゲージメントプログラムでは機能しません。

メールプログラム

電子メールプログラムをスケジュールする場合、主に次の2つのシナリオが考えられます。

  1. 次の25時間以内に実行するようにプログラムをスケジュールします。
  2. 25時間以上後(例:来週)に実行するようにプログラムをスケジュールします。

各タイムゾーンに対応するために、受信者のタイムゾーンでスケジュールされた電子メールプログラムは、世界の​最初/最も早い​タイムゾーンの午前0時(UTC +14:00)に開始されます。

エンゲージメントプログラム

スケジュールを設定し、エンゲージメントプログラムストリームと受信者のタイムゾーンがアクティブになると、プログラムキャストはUTC +14:00の真夜中に実行を開始します。 ユーザーは世界中のすべてのタイムゾーンでキャストの資格を得る可能性があるので、最初のキャストを少なくとも25時間(24時間+キャンペーンを開始する時間)後にスケジュールする必要があります。 この時点での処理をUTC +14:00に開始すると、このキャストの資格を持つすべての人に対して、スケジュールされた日時にEメールを送信することが保証されます。

タイムゾーンの計算

Marketoは、人の市区町村、都道府県、国または郵便番号に基づいてタイムゾーンを計算します。 これらの値から他のユーザーのタイムゾーンを計算できない場合は、「推定都市」、「推定州」、「推定国」および「推定郵便番号」の各フィールドに戻ります。

唯一の​国または​のみ​の州がある場合:

  • タイムゾーンが3つ以下の国の場合は、中間タイムゾーンを選択します。
  • 2つのタイムゾーンのある状態の場合、前の2つを選択します。

これらのフィールドの組み合わせでもタイムゾーンが判断できない場合は、タイムゾーンを割り当てません。​電子メールはMarketoのサブスクリプションタイムゾーンに基づいて送信されます。 したがって、プログラムが午前9時にPDTに予約されている場合、タイムゾーンが割り当てられていない人は、午前9時に電子メールを送信します。

メモ

Marketoは、上記の入力フィールドのいずれかが変更された場合、自動的にタイムゾーンを再計算します。

このページ