受信者のタイムゾーンで電子メールプログラムをスケジュールする

受信者タイムゾーンが有効な場合に電子メールプログラムをスケジュールすると、次の2つの状況が発生する可能性があります。

  1. ​から25時間以内にを実行するようにプログラムをスケジュールする
  2. プログラムを25時間以上​​実行するようにスケジュールする(翌週など)

シナリオ1:25時間以内

受信者のタイムゾーンが有効になっていて、配信予定時刻が次の25時間以内に設定されている電子メールプログラムを承認したとします。 スマートリスト内で、予定時刻が既に過ぎているタイムゾーンに住むユーザーがいる場合があります。

このシナリオでは、資格を持つ人々のこのサブセットで何をすべきかを決定できます。 電子メールプログラムの​スケジュール​タイルで、受信者タイムゾーン​の横にある歯車アイコンをクリックします。

次の2つのオプションがあります。

メモ

定義

  • 次の日を受信者のタイムゾーンに配信します。電子メールが火曜日の午前9時に発送される予定の場合、予定時刻が過ぎているタイムゾーンに住む資格を持つ人は、 ** 水曜日の午前9時に電子メールを受け取ります。

  • プログラムのデフォルト設定時刻を使用して配信する:電子メールが火曜日の午前9時に公開される予定の場合、予定時刻が既に過ぎているタイムゾーンに住む資格のある人は、購読のタイムゾーンの設定 に基づいて電子メールを受け取ります。したがって、購読のタイムゾーン設定がPDT America/Los Angelesに設定されている場合、これらの受信者は火曜日の午前9時(PDTのタイムゾーンに何らかの時刻を含む)に電子メールを受信します。

このシナリオについて詳しく見てみましょう。 例えば、サンフランシスコにいる場合、午前7時に​9:00am​の送信用に電子メールをスケジュールします。 スマートリストには、次の地域のユーザーがいます。

  • サンフランシスコ
  • テキサス
  • ニューヨーク
  • イタリア

午前9時は既にニューヨークとイタリアで通過しているので、この2つのタイムゾーンの資格を持つ人は、タイムゾーンの設定​に基づいて電子メールを受け取ります。

  • 次の日を受信者のタイムゾーンで配信します。 水曜日の午前9時には、それぞれのタイムゾーンで配信します。 または

  • プログラムのデフォルト設定時刻を使用して配信する:火曜日の午前9時(PDT)(ニューヨーク — 東部夏時間の12時(米国およびイタリア) - 6時(中央ヨーロッパ標準時))。

プログラムを承認すると、開始は15分以内に実行されます。

メモ

プログラムは15分後に電子メールを送信する​_プロセス_​を開始しますが、その時点では電子メールは​_配信_​されません。 受信者は、選択した​タイムゾーン設定​に基づいて電子メールを受信します。

シナリオ2:25時間以上

2つ目のシナリオでは、受信者タイムゾーン​が有効になっていて、25時間以上の配信予定時刻を持つ電子メールプログラムを承認します。 この場合、プログラムは、世界の​最も早い​タイムゾーン(UTC + 14:00)で、予定された時刻に開始を実行します。 世界中のどのタイムゾーンでも、スマートリストの資格を持つ人がいる可能性があるので、最も早いタイムゾーンから、それぞれのタイムゾーンのすべての受信者に予定日時の電子メールを配信できます。

優先スタート

次に、ヘッド開始が​受信者タイムゾーン​とどのように連携するかを説明します。 既存のヘッド開始機能では、プログラムを少なくとも12時間前にスケジュールする必要があります。 受信者のタイムゾーンの意味は? 受信者タイムゾーンが有効な場合、開始は最も早いタイムゾーン(UTC +14:00)でスケジュールされた時刻に電子メールプログラムを実行します。 したがって、ヘッド開始と受信者タイムゾーンの両方​を有効にするには、電子メールプログラムをUTC +14:00でスケジュールされた時刻より少なくとも12時間早く​スケジュールする必要があります。

つまり、米国/ロサンゼルスにいて、ヘッド開始と受信者タイムゾーンの両方を有効にする場合は、事前にプログラム​34時間​をスケジュールする必要があります。 どうやってこの番号に着いた?


 

つまり、受信者タイムゾーンでスケジュールされた電子メールプログラムは、すべてのタイムゾーンに対応するために、最も早いタイムゾーンのスケジュールされた時刻(午前0時が最初になるなど)に開始する必要があります。 メールプログラムをスケジュールする場合

  • 25時間 以内に配信時間 が発生した場合、プログラム開始は15分以内に動作します。予定時刻を既に過ぎている受信者は、選択したタイムゾーンの設定に基づいて電子メールを受信します。
  • 25時 以上の配信時間を持つプログラム開始は、最も早いタイムゾーン(UTC +14:00)でスケジュールされた時刻に実行されます。
  • ヘッド開始を使用し、プログラム開始は、最も早いタイムゾーン(UTC +14:00)で予定時刻より12時間前に処理を行います。
注意

電子メールの送信を開始してから実際に配信されるまでに登録を解除しても、その電子メールはすべて受信されます。 購読解除の通知を調整して、購読解除の処理に1 ~ 2営業日かかる場合があることを反映することをお勧めします。

このページ