受信者タイムゾーンでメールプログラムをスケジュールする

受信者タイムゾーンが有効な場合に、メールプログラムをスケジュールする際に、次の 2 つのシナリオが考えられます。

  1. 次の 25 時間​以内​に実行するようにプログラムをスケジュールする
  2. 25 時間​以降​に実行するようにプログラムをスケジュールする

シナリオ 1:25 時間以内

受信者タイムゾーンが有効になっていて、25 時間以内に予定されている配信時間がメールプログラムで承認されたとします。スマートリストに、予定時間が過ぎたタイムゾーンに住むユーザーがいる可能性があります。

このシナリオでは、資格を持つユーザーのこのサブセットで何をおこなうかを決定できます。メールプログラムの​スケジュール​タイルで、「受信者タイムゾーン」の横の歯車アイコンをクリックします。

これにより、次の 2 つのオプションを使用できます。

メモ

定義

  • 受信者タイムゾーンで次の日に配信:メールが火曜日の午前 9 時に送信されるようにスケジュールされている場合、スケジュールされた時間がすでに経過しているタイムゾーンに住んでいる適格なユーザーは、水曜日​の午前 9 時にメールを受信します。

  • プログラムのデフォルト設定時間を使用して配信:メールが火曜日の午前 9 時に送信されるようにスケジュールされている場合、スケジュールされた時間が過ぎたタイムゾーンに住む適格なユーザーは​_サブスクリプションのタイムゾーン設定に基づいて_​メールを受信します。つまり、配信登録タイムゾーン設定が PDT 米国ロスアンゼルスに設定されている場合、これらの受信者は、引き続き火曜日の午前 9 時(自らのタイムゾーン)にメールを受け取ります。

メモ

Marketo が受信者タイムゾーンを計算する方法についての詳細をご覧ください。

このシナリオについて詳しく見てみましょう。例えば、サンフランシスコにいるユーザーが午前 7 時に​午前 9 時​の送信のためにメールをスケジュールするとします。スマートリストには、次の地域のユーザーが含まれています。

  • サンフランシスコ
  • テキサス
  • ニューヨーク
  • イタリア

ニューヨークとイタリアではすでに午前 9 時を過ぎているので、これら 2 つのタイムゾーンにいる適格なユーザーは、タイムゾーン設定​に基づいてメールを受信します。

  • 受信者タイムゾーンで次の日に配信:それぞれのタイムゾーンで水曜日の午前 9 時​または

  • プログラムのデフォルト設定時間を使用して配信:火曜日の午前 9:00 PDT(ニューヨーク - 午後 12:00 EDT、イタリア - 午後 6:00 CET)。

プログラムを承認すると、15 分以内に実行が開始されます。

メモ

プログラムは 15 分以内にメールの送信​_プロセス_​を開始しますが、その時点ではメールは​_配信_​されません。選択する​タイムゾーン設定​に基づいて受信者がメールを受信します。

シナリオ 2:25 時間以上

この 2 番目のシナリオでは、受信者タイムゾーン​が有効で、配信予定時刻が 25 時間以上先のメールプログラムを承認します。この場合、プログラムは世界で​最も早い​タイムゾーン(UTC + 14:00)のスケジュールされた時間に実行を開始します。スマートリストの対象の適格ユーザーは世界中のあらゆるタイムゾーンにいる場合があるので、最も早いタイムゾーンから、それぞれのタイムゾーンにいるすべての受信者に予定された日時にメールを配信できます。

優先スタート

次に、優先スタートが​受信者タイムゾーン​とどのように連携するのかを説明します。既存の優先スタート機能を使用するには、プログラムが少なくとも 12 時間前にスケジュールされている必要があります。受信者タイムゾーンとは何でしょうか。受信者タイムゾーンを有効にすると、最も早いタイムゾーン(UTC +14:00)の予定時刻にメールプログラムの実行が開始されます。したがって、優先スタートと受信者の​両方​のタイムゾーンを有効にするには、メールプログラムを UTC 14:00 のスケジュール時刻より少なくとも 12 時間早く​スケジュールする必要があります。

つまり、米国ロサンゼルスにいて、優先スタートと受信者タイムゾーンの両方を有効にする場合は、プログラムを 34 時間​前にスケジュールする必要があります。どうやってこの数字にたどり着いたのでしょうか。


要するに、受信者タイムゾーンでスケジュールされたメールプログラムは、各タイムゾーンに対応するために、最も早いタイムゾーン(午前 0 時に達する)でスケジュールされた時間に実行を開始する必要があります。メールプログラムをスケジュールする場合…

  • 配信時刻を __25 時間以内​に設定すると、15 分以内にプログラムの実行が開始されます。スケジュールされた時間をすでに過ぎた受信者には、選択したタイムゾーン設定に基づいてメールが送信されます。
  • 配信時刻を __ 25 時間後以降​に設定すると、プログラムは最も早いタイムゾーン(UTC +14:00)で予定時に実行を開始します。
  • 優先スタート​に設定されている場合、最も早いタイムゾーン(UTC +14:00)で予定時間の 12 時間前に処理を開始します。
注意

メールの送信を開始してから実際に配信されるまでに登録解除したユーザーは、メールを引き続き受信します。登録解除の通知を調整して、登録解除の処理に 1 ~ 2 営業日かかる場合があることを反映することをお勧めします。

このページ