ウェビナープログラムのステータスについて

プログラムのステータスは、イベントのメンバーとして進行する様々なイベントのステータスを表します。 チャネルタイプに関連付けられます。 Marketoには、ウェビナー​という組み込みのチャネルタイプがあります。 ステータスは、バッチキャンペーンとトリガーの両方で使用できます。

人々は、プログラムのステータスを一定の経路で移動し、ステータスは元に戻りません。 例えば、出席​のステータスを持つ人は、登録​に戻ることができません。

ウェビナーチャネルに関連するプログラムのステータスについて簡単に説明します。

ヒント

ステータスを手動で更新するには、イベントアクション​ドロップダウンの​ウェビナープロバイダーから更新​をクリックします。

プログラムにない — このステータスを使用して、イベントからユーザーを削除します。

招待済み — このステータスを使用して、イベントにユーザーを追加します。

承認待ち — このステータスを使用して、ユーザーに確認の電子メールを送信しないようにします。詳細は、ON24イベント登録の更新の「手動による登録者の承認」を参照してください。

一覧表示待ち — このステータスを使用して、一部のユーザーが追加のシートが利用可能になるまで待ち続けます。

却下 — このステータスを使用して、イベントに対する個人の登録を拒否します。

登録済み - ON24統合を使用している場合、このステータスにより、ユーザーがON24にプッシュされます。ON24がユーザーが正常に登録されたと応答した場合、ユーザーのステータスが更新されます。

登録エラー — このステータスは、イベントへの登録を試みたときにエラーが発生したことを反映しています。

メモ

登録エラーが発生した場合は、プログラムの[メンバ]タブにある[状態の理由]列を参照して、そのユーザの追加情報を取得できます。 エラーが修正されたら、ユーザーのプログラムステータスを手動で「Marketo内に登録済み」に変更できます。

出席 — ウェビナーの終了時に、ON24は出席した人のリストを返します。この状態は自動的にMarketoに引き込まれます。

出席オンデマンド — 以前のバージョンのウェビナーに参加した人が、このステータスを受け取ります。

No Show — ウェビナーの終了時、およびON24から出席データを取り込んだ後、登録したが出席しなかった人のステータスが「No Show」に更新されます。ON24が最終出席情報を準備し、Marketoで利用できるようにするには、30分から3時間かかる場合があります。

メモ

Marketoが番組なしの状態を引き出すには、Marketo ​登録されている必要があります。 On24データフィードからの番組なしを取り込むことはできません。

このページ