アクティビティ同期のカスタマイズ

Marketo Sales Insight を使用しない場合、Marketo は特定のイベントに対して Salesforce のアクティビティ履歴レコードを作成できます。有効にする方法は、以下のとおりです。

  1. 管理」に移動します。

  2. Salesforce同期オプションの編集​をクリックします。

  3. Marketo で Salesforce にプッシュするアクティビティの横にあるチェックボックスをオンにして、「保存」をクリックします。

    メモ

    有効化すると、Marketo は 3 か月分のアクティビティ履歴をプッシュします。データの量に応じて、これには数日かかる場合があります。アクティビティの初回プッシュ中に発生したアップデートは、アクティビティの初回同期が完了するまで遅延する場合があります。

アクティビティのタイプ 説明
フォーム入力完了 任意の Marketo フォームに入力しました
リストに追加済み

フローステップ:静的リストに追加されました

メール送信済み フローステップ:メールが送信されました
メール到着 メールを受信しました(バウンスなし)
メール開封済み メールを開きました(画像ブロックなし)
メール内リンクをクリック済み Marketo から送信されたメール内のリンクをクリックしました
リストから削除済み フローステップ:静的リストから削除されました
フローからの削除み フローステップ:フローから削除されました
セールスメール送信済み Marketo Sales Insight 経由でメールを送信されました
セールスメール開封済み Marketo Sales Insight 経由で送信したメールを開封しました
セールスメール内のリンクをクリック Marketo Sales Insight を通じて送信されたメール内のリンクをクリックしました
セールスメール受信済み MSI Outlook プラグインでセールス担当者がメールを受信し、ログに記録しました
メモ

「セールスメール受信済み」は、配達済みとは​違います。Sales Insight 経由で送信されたメールの配信ステータスはキャプチャされません。

ヒント

Marketo の情報を更に Salesforce に追加することに関心がある場合は、Marketo Sales Insight 製品をご確認ください。

このページ