手順 3/3:サーバー間接続を使用した Marketo ソリューションの接続

これが同期の最後のステップです。もう少しです。

メモ

管理者権限が必要

重要

基本認証から OAuth にアップグレードする場合は、追加のパラメーターのアップデートについて Marketo サポートにお問い合わせください。この機能を有効にすると、新しい認証情報が入力されて同期が再度有効にされるまで、同期が一時的に停止されます。この機能は、古い認証モードに戻る際には(2022 年 4 月まで)無効にすることができます。

メモ

新しい認証情報を入力する前に、こちらでそれらを検証できます。

Dynamics 同期ユーザー情報を入力

  1. Marketo にログインし、管理​をクリックします。

  2. CRM」をクリックします。

  3. Microsoft」を選択します。

  4. 手順 1:資格情報を入力​で「編集」をクリックします。

    注意

    送信後に後続のスキーマの変更を元に戻すことができないので、組織 URL が正しいことを確認してください。誤った組織 URL が使用された場合、新しい Marketo サブスクリプションを取得する必要があります。URL がわからない場合は、ここで見つける方法を学んでください

  5. Dynamics 同期ユーザ情報を入力し、 保存 完了したら、

    メモ

    Marketoのユーザー名は、 電子メールアドレス 」と入力します。 形式は、user@domain.com または DOMAIN\user です。

同期するフィールドの選択

  1. 手順 2:同期するフィールドを選択​の「編集」をクリックします。

  2. Marketo と同期するフィールドを選択すると、事前に選択されるようになります。「保存」をクリックします。

メモ

Marketo は、同期するフィールドへの参照を保存します。Dynamics でフィールドを削除する場合は、同期無効の状態で実行することをお勧めします。次に、同期するフィールドを選択を編集および保存して、Marketo のスキーマを更新します。

カスタムフィルターのフィールドを同期する

カスタムフィルターを作成した場合は、Marketo と同期する新しいフィールドを選択するようにします。

  1. 「管理者」に移動し、「Microsoft Dynamics」を選択します。

  2. 「フィールド同期の詳細」で「編集」をクリックします。

  3. 下にスクロールしてフィールドを確認します。実際の名前は new_synctomkto にする必要がありますが、表示名は任意の名前にすることができます。「保存」をクリックします。

同期を有効にする

  1. 手順 3:同期を有効にする​の「編集」をクリックします。

    注意

    Marketo は、Microsoft Dynamics の同期や、手動で入力されたリードの場合には、自動的に重複排除をおこないません。

  2. ポップアップの内容をすべて読み、メールアドレスを入力して、「同期を開始」をクリックします。

  3. 初回の同期には数時間かかる場合があります。完了したら、電子メール通知が届きます。

できましたね。

このページ