Microsoft Dynamics 同期:フィールドの同期

Marketo と Dynamics の同期は非常に強力です。以下に詳細を示します。

2 つのシステム間でのフィールドの詳細の同期方法

リードおよび連絡先エンティティについては、同期は双方向です。Dynamics でリードや連絡先に、または Marketo で人物に変更を加えると、更新内容が両方のシステムに反映されます。

アカウント、ユーザー、商談、チームおよびカスタムエンティティについては、同期は、Dynamics から Marketo への一方向です。Dynamics でこれらのエンティティに変更を加えると、更新内容が Marketo に反映されます。

両方のシステムの同じフィールドに同時に変更が加えられた場合の動作(データの競合)

めったにないことですが、人物(リード)では Marketo が、連絡先では Dynamics が優先されます。これは、人物についてはマーケティング部門が権限を持ち、連絡先についてはセールス(CRM)部門が公式な記録システムを持っていると考えているからです。一方的な同期エンティティについては、常に Dynamics が優先されます。

Marketo を使用した Dynamics のフィールドの作成

これは、現在、サポートされていません。

Dynamics で作成したフィールドのMarketo への同期

Dynamics で同期ユーザーがアクセス権を持っていれば、フィールドを同期できます。

Marketo に同期されるフィールド

設定の際に、同期するフィールドを選択できます。

Marketo と Dynamics が同期した後に、カスタムフィールドを追加する必要がある場合

いつでもフィールドを追加でき、Dynamics から Marketo にデータが更新されます。詳しくは、新しいカスタムフィールドに対する Microsoft Dynamics とのクイック同期の使用を参照してください。

同期するフィールドが追加された後に、Dynamics のフィールドを削除したい場合

Marketo は、同期するフィールドへの参照を保存します。Dynamics でフィールドを削除する場合は、同期無効の状態で実行することをお勧めします。次に、同期するフィールドの選択を編集および保存して、Marketo のスキーマを更新します。

このページ