プライバシー管理

Marketo Engageは、プライバシー規制を遵守するのに役立つ一連のツールを提供しています。

メモ

Marketo Engage用にPrivacy ServiceUI または API を通じて送信されたプライバシーリクエストは、Marketo Engage+ RT-CDP、B2B および B2P エディションを持つユーザーにのみ適用されます。

プライバシー管理に関する規制

Marketo Engageの機能は、次の規制の遵守に役立ちます。

  • GDPR 一般データ保護規則 は、欧州連合 (EU) のプライバシー保護法で、EU 諸国のデータ保護要件を現代の状況に合わせて整合化させることを目的としています。
  • CCPA カリフォルニア州消費者プライバシー法 は、カリフォルニア州の住民に対して個人情報に関する権利を提供し、カリフォルニア州でビジネスをおこなう特定の事業者に対してデータ保護の責任を課します。
  • PDPA 個人データ保護法 は、タイのデータ保護要件を現代の状況に合わせて整合化させるプライバシー法です。
  • LGPD レイジェラルデプロテソデダドス 2021 年初め以降、ブラジルで個人データを収集または処理するすべての企業に対して有効となります。
  • NZPA 2020 年プライバシー法 は、ニュージーランドのデータ保護要件を現代の状況に合わせて整合化させるプライバシー法です。

上記の規則はすべて、上記の各地域または国(EU、カリフォルニア、タイ、ブラジル、ニュージーランド)に居住するデータ主体のデータを保持するMarketo Engageのお客様に適用されます。

アクセスする権利と忘れられる権利

プライバシーの準備を容易にするために、Marketo Engageでは アクセス および 削除 リクエスト。

  • この アクセス権 は、データ主体がデータ管理者に対し、自分に関する個人データが処理されているかどうか、また処理されている場所と目的について確認する権利です。 データ管理者は、個人データのコピーを電子形式で無償提供する必要があります。
  • データ消去とも呼ばれ、 忘れられる権利 (削除リクエスト)は、データ主体に対し、データ管理者に個人データの消去やデータの拡散の中止を求めたり、サードパーティにデータの処理を停止させたりする権限を与えます。

アクセス/削除のリクエストの作成方法と処理方法については、 この記事.

このページ