監査記録の有効化

監査記録は、すべてのお客様が使用でき、2 つの管理権限で管理されます。

メモ

デフォルトでは、すべてのシステム管理者の役割で、両方の権限が有効になっています。

役割の監査記録を有効にする

  1. 管理」をクリックします。

  2. ユーザーと役割」を選択し、「役割」をクリックします。

  3. 監査記録を有効にする役割を選択し、「役割の編集」をクリックします。

    メモ

    また、新しい役割を作成し、監査記録アクセス権を付与するオプションも表示されます。

  4. 管理アクセス​権限を展開します。必要に応じて、「監査記録にアクセス」と「ログイン履歴にアクセス」のいずれかまたは両方を選択します。「保存」をクリックします。

    メモ

    定義

    監査記録にアクセス:「アセット監査記録」と「管理監査記録」両方の権限をユーザーに付与します。

    ログイン履歴にアクセスユーザーログイン履歴への権限をユーザーに付与します。

監査記録の役割をユーザーに割り当てる

必要条件

役割を作成するか、既存の役割を有効にし、監査記録の権限を付与します。

  1. ユーザーと役割​で、「ユーザー」をクリックします。

  2. 監査記録の権限を付与したいユーザーを選択し「ユーザーの編集」をクリックします。

    メモ

    この手順は、新規ユーザーを作成している場合でも同様です。

  3. 作成した監査記録の役割を選択します。ここでは、「監査記録 - アセットと管理」と「監査記録 - ログイン履歴」を作成しています。

    注意

    ワークスペースを有効にしている場合は、必ず役割のチェックボックスを選択し、ワークスペースをすべて選択してください。個々のワークスペースの選択を解除すると、「監査記録」が非表示になります。つまり、すべてのワークスペースの「監査記録」データが表示されます。フィルターを適用すると、ワークスペースを非表示にするオプションがあります。

  4. 保存」をクリックします。

このページ