ユーザーログインを SSO のみに制限

SSO を使用していて、ユーザーが SSO セキュリティをバイパスできないようにする場合は、次の手順に従います。

メモ

管理者権限が必要

  1. 管理」に移動し、「ログイン設定」をクリックします。

  2. セキュリティ設定を編集」をクリックします。

  3. 「詳細設定」を展開し、「SSO が必要」をオンにして、「保存」をクリックします。

メモ

ベストプラクティスは、ユーザーを招待して、ユーザーが招待を受け入れることです。ユーザーが招待を​_受け入れた後_​に、管理者は、「SSO が必要」に設定する必要があります。

ヒント

SSO が必要」を選択した場合は、役割の設定時に「シングルサインオンをバイパス」オプションをオンにすることで、この制限から​ユーザーの役割​を除外できます。これにより、ユーザーは通常どおりにログインできます。例えば、管理者ユーザーは、引き続きログイン画面から Marketo にログインする必要が生じる場合があります。

注意

新しいユーザーを招待すると、ユーザーに招待メールが届きます。ただし、「SSO が必要」が選択されている場合は、「シングルサインオンをバイパス」に設定されている役割に割り当てられていない限り、招待メールは届きません。

これで完了です。これで、すべてのユーザーが、SSO ログインのみを使用するように制限されます(シングルサインオンをバイパスする権限を持つユーザーを除く)。

このページ