メールのパーソナライズ

ミッション:データトークンを追加してメールを個人用にする

手順 1:パーソナライズするメールを選択

  1. で作成した育成メールの 1 つを選択 以前のクイックウィンドウ をクリックし、 下書きの編集.

    メモ

    これにより、メールのコピーが下書きとして作成されます。変更を有効にするには、下書きを承認する必要があります。

ポップアップブロッカーを有効にしていない場合、メールエディターは新しいタブまたはウィンドウで開きます。それ以外の場合は、「下書きの編集」を 2 回クリックします。

手順 2:セールス担当者を送信者にする

  1. 送信者」フィールドを選択してハイライト表示し、現在の名前を​削除​します。

  2. 送信者」フィールドの右側にある「トークン」アイコンをクリックします。

  3. {{lead.Lead Owner First Name}} トークンを検索して選択します。

  4. デフォルト値​には会社名とダッシュを入力し、セールス担当者の名前(名)が使用できない場合に何か表示されるようにします。次に「挿入」をクリックします。

  5. 送信者」フィールドでスペースバーを押し、挿入したトークンの後に 1 つスペースを空けてカーソルが点滅していることを確認します。次に、「トークン」アイコンを再度クリックします。

  6. {{lead.Lead Owner Last Name}} トークンを検索して選択します。

  7. デフォルト値」に「セールス」と入力し、「挿入」をクリックします。

手順 3:メールにリードの名前を追加する

  1. 上部の編集可能セクションを選択し、歯車アイコンをクリックして、「編集」を選択します。

  2. 「Hello」の後にスペースを追加し、カーソルをコンマの前に置いて、「トークンを挿入」アイコンをクリックします。

  3. {{lead.First Name}} トークンを検索して選択します。

  4. デフォルト値」フィールドに「友人」(または任意のラベル)と入力し、「挿入」をクリックします。

    ヒント

    トークンのデフォルト値を必ず含めるようにします。これにより、個人情報の一部が見つからない場合に、デフォルト値がメールに表示されます。

  5. 保存」をクリックします。

  6. 「メールエディター」タブ/ウィンドウを閉じます。

  7. メールアクション」で、「下書きを承認」を選択します。

ヒント

自分自身にメールを送信する方法について、簡単な情報が必要な場合は、詳しくは、 E メールの送信

ミッション完了

おめでとうございます。メールをパーソナライズしました。


◄ ミッション 6:ドリップ、ドリップ、ナーチャリング

ミッション 8:セールス担当者にアラート ►

このページ