データソースの設定

このユースケースでは、メッセージにパーソナライゼーションデータを使用します。また、受信者が女性であるかどうかを確認する必要があります。この情報は、リアルタイム顧客プロファイルデータベースに保存されています。技術ユーザー​は、これらのフィールドが組み込みの Adobe Experience Platform データソースで定義されていることを確認する必要があります。

データソースの設定について詳しくは、このページを参照してください。

  1. 上部のメニューで、「データソース」タブをクリックし、組み込みの Adobe Experience Platform データソースを選択します。

  2. フィールドグループで、次のフィールドが選択されていることを確認します。

    • ユーザー/姓名/名
    • ユーザー/姓名/姓
    • ユーザー/性別
    • 個人用メール/ アドレス
  3. 保存」をクリックします。

データソースが設定され、ジャーニーで使用できる状態になります。

このページ