Journey Orchestration について

イベントやデータソースに保存されたコンテキストデータを活用して、リアルタイムオーケストレーションのユースケースを構築できます。

Journey Orchestration は、Adobe Experience Platform と統合されたアプリケーションサービスです。

Journey Orchestration を使用すると、イベントからのコンテキストデータ、Adobe Experience Platform からの情報、またはサードパーティの API サービスからのデータを利用したリアルタイムオーケストレーションが可能になります。サードパーティのシステムを使用してメッセージを送信する場合は、カスタムアクションを設定できます。Adobe Campaign Standard を利用している場合は、Adobe Campaign Standard のトランザクションメッセージング機能を使用して、E メール、プッシュ通知、SMS を送信できます。

「イベント設定」タブで、技術ユーザー​がジャーニーで予想されるイベントを設定します。受信イベントのデータは、Adobe Experience Data Model(XDM)に従って正規化されます。イベントは、認証済みイベントと未認証イベント(Adobe Mobile SDK イベントなど)のストリーミング取得 API から取得します。

「データソース設定」タブで、技術ユーザー​は次の設定をおこないます。

  • 条件の作成とパーソナライゼーションを目的として、ジャーニーデザイナーで Adobe Experience Platform から公開される様々なフィールド。
  • ジャーニーデザイナーで使用する追加のカスタムデータソース。カスタムデータソースとは、Journey Orchestration と、サードパーティのシステムや API を介したサービスとの接続です。ロイヤルティシステムなどのサードパーティのシステムを接続できます。サードパーティのサービスには、天気予報 API などがあります。

ジャーニーデザイナーを使用すると、ビジネスユーザー​は、エントリイベントのドラッグ&ドロップ、条件の追加、実行するアクションの指定を容易におこなえます。

その後、次の条件に基づいて条件を作成します。

  • 時間
  • イベントペイロードからのデータ
  • データソースからの情報:リアルタイム顧客プロファイルデータソースまたはカスタムデータソース

条件分岐を使用すると、ジャーニーの訪問者を別の方向に送ることができます。

アクションアクティビティを使用すると、サードパーティのシステムを介してメッセージを送信できます。Adobe Campaign Standard を使用している場合は、パーソナライズされたリアルタイムの SMS、プッシュ通知または E メールを送信します。

Journey Orchestration は多段階式なので、高度なシナリオを作成できます。例えば、最初のイベントとアクションの後に、他のイベントをドラッグできます。次に、2 つ目のアクションを追加し、待機アクティビティを設定してしばらく待機して、2 つの異なるパスにユーザーをプッシュする分割条件を追加して、別々のメッセージを送信します。

メモ

このドキュメントは、製品の最近の変更を反映するために頻繁に更新されています。ただし、一部のスクリーンショットは、製品のインターフェイスと多少異なる場合があります。

このページ