名前空間の選択

名前空間を使用すると、イベントに関連付けられた人を識別するために使用するキーのタイプを定義できます。 設定はオプションです。 ジャーニーでリアルタイム顧客プロファイルからの追加情報を取得する場合に必要です。 カスタムデータソースを介してサードパーティシステムから取得されるデータのみを使用する場合、名前空間の定義は必要ありません。

事前定義済みのID名前空間の1つを使用するか、ID名前空間サービスを使用して新しいID名前空間を作成できます。 このページを参照してください。

プライマリIDを持つスキーマを選択した場合、キー​と​名前空間​のフィールドは事前入力されます。 IDが定義されていない場合は、identityMap > id​をプライマリキーとして選択します。 次に、名前空間を選択し、identityMap/id​を使用して、キーが(Namespace​フィールドの下に)事前入力されます。

フィールドを選択すると、プライマリIDフィールドにタグが付けられます。

ドロップダウンリストから名前空間を選択します。

1つのジャーニーで許可される名前空間は1つだけです。 同じジャーニーで複数のイベントを使用する場合、同じ名前空間を使用する必要があります。 このページを参照してください。

このページ