新しいイベントの作成

新しいイベントを設定する主な手順は次のとおりです。

  1. 上部のメニューで、「イベント」タブをクリックします。イベントのリストが表示されます。参照: このページ 」を参照してください。

  2. 新しいイベントを作成するには、「追加」をクリックします。画面の右側にイベント設定ウィンドウが開きます。イベントの名前を入力します。説明を追加することもできます。

    メモ

    スペースや特殊文字は使用しないでください。30 文字以内にしてください。

  3. イベント ID タイプ 「 」フィールドで、使用するイベントタイプを選択します。

    • ルールベース​イベント:このタイプのイベントでは、eventID は生成されません。内 イベント ID 条件 」フィールドで、ジャーニーをトリガーにする関連イベントを識別するためにシステムで使用されるルールを定義するだけです。 このルールは、イベントペイロードで使用可能な任意のフィールドに基づくことができます。例えば、プロファイルの場所や、プロファイルの買い物かごに追加された項目数などです。

    • システムで生成された イベント:このタイプには eventID が必要です。 この eventID フィールドは、イベントの作成時に自動的に生成され、ペイロードプレビューに追加されます。 イベントをプッシュするシステムでは、ID を生成せずに、ペイロードプレビューにある ID を渡す必要があります。この節を参照してください。

    メモ

    イベント のタイプの詳細については、この節を参照してください。

  4. このイベントを使用するジャーニーの数は、「使用されている場所」フィールドに表示されます。ジャーニーを表示​アイコンをクリックすると、このイベントを使用するジャーニーのリストを表示できます。

  5. スキーマフィールドとペイロードフィールドを定義します。ここで、Journey Orchestration が受信するイベント情報(通常はペイロードと呼ばれる)を選択します。その後、この情報をジャーニーに使うことができます。このページを参照してください。

    メモ

    システム生成​タイプを選択した場合は、eventID タイプが Mixin のスキーマのみを使用できます。ルールベース​タイプを選択した場合は、すべてのエクスペリエンスイベントのスキーマを使用できます。

  6. ルールベースのイベントの場合は、「イベント ID 条件」フィールド内でクリックします。簡単な式エディターを使用して、ジャーニーをトリガーするイベントを識別するためにシステムが使用する条件を定義します。

    この例では、プロファイルの市区町村に基づいて条件を作成しました。これは、この条件に一致するイベント (市区町村 フィールドと パリ 値 ) の場合、Journey Orchestrationに渡されます。

    メモ

    イベント ID 条件​を定義する際に、高度な式エディターは使用できません。シンプルな式エディターでは、すべての演算子が使用できるわけではなく、データタイプに応じて異なります。 例えば、文字列タイプのフィールドには、「次を含む」または「次と等しい」を使用できます。

  7. 名前空間を追加します。この手順はオプションですが、名前空間を追加すると、リアルタイム顧客プロファイルサービスに保存された情報を活用できるのでお勧めです。これは、イベントのキーのタイプを定義します。このページを参照してください。

  8. キーを定義します。ペイロードフィールドからフィールドを選択するか、イベントに関連付けられた個人を識別する数式を定義します。このキーは、名前空間を選択すると自動的に設定されます(編集は可能)。Journey Orchestrationでは、名前空間に対応するキーが選択されます(例:電子メール名前空間を選択した場合、電子メールキーが選択されます)。このページを参照してください。

  9. システム生成イベントの場合は、条件を追加できます。この手順はオプションです。これにより、条件を満たすイベントのみが処理されます。条件は、イベントに含まれる情報に基づく場合にのみ指定できます。このページを参照してください。

  10. 保存」をクリックします。

    これでイベントが設定され、ジャーニーに含まれる準備が整いました。イベントを受信するには、追加の設定手順が必要です。このページを参照してください。

このページ