カスタムアクションの使用

カスタムアクションを使用している場合、読み取り専用で、アクション設定画面に定義された​URL設定​および​認証​パラメーターが表示されます(このページを参照)。

メモ

カスタムアクションパラメーターでコレクションを渡すことはできません。 カスタムアクションにコレクションが必要な場合は、機能しません。 また、パラメーターには想定される形式があります(例:文字列、10進数など)に基づいて、 これらの想定される形式には注意が必要です。

アクションパラメーター​セクションに、"Variable"​と定義されたメッセージパラメーターが表示されます。 これらのパラメーターの場合、この情報を取得する場所を定義できます(例:イベントやデータソースなど)を参照し、手動で値を渡す、または高度なユースケース向けに高度な式エディターを使用する。 高度なユースケースには、データ操作やその他の関数の使用が含まれます。 このページを参照

このページ