ユーザーと製品プロファイルの管理

重要

次に説明する各手順は、製品​または​システム​の管理者のみが実行できます。詳しくは、Admin Console ドキュメントを参照してください。

製品プロファイル​は、組織内で同じ権限とサンドボックスを共有するユーザーの集まりです。

Journey Optimizer 製品を使用すると、権限のレベルが異なるさまざまな標準の​製品プロファイル​を選択して、ユーザーに割り当てることができます。利用可能な​製品プロファイル​の詳細については、このページを参照してください。

製品プロファイル​に属する各ユーザーには、製品に含まれる Adobe のアプリとサービスに対する権限が付与されます。

独自の​製品プロファイル​を作成して、インターフェイス内の特定の機能やオブジェクトに対するユーザーのアクセスを微調整することもできます。

製品プロファイルの割り当て

ユーザーに割り当てる​製品プロファイル​は、標準またはカスタムから選択できます。

デフォルトで権限が割り当てられているすべての製品プロファイルのリストについては、ビルトインの製品プロファイルの節を参照してください。

製品プロファイル​を割り当てるには、以下の手順に従います。

  1. Admin Console の「製品」タブで、Experience Cloud/Platform を利用したアプリケーション​製品を選択します。

  2. 製品プロファイル​を選択します。

  3. ユーザー」タブで「ユーザーを追加」をクリックします。

  4. ユーザーの名前またはメールアドレスを入力し、ユーザーを選択します。

    Admin Console でまだユーザーを作成していない場合は、ユーザーの追加についてのドキュメントを参照してください。

  5. 上記と同じ手順を実行して、製品プロファイル​に管理者を追加します。次に、「保存」をクリックします。

これにより、ユーザーをインスタンスへリダイレクトするメールが、ユーザーに送られます。

ユーザー管理の詳細については、Admin Console ドキュメントを参照してください。

インスタンスにアクセスすると、製品プロファイル​で割り当てられた権限に応じて、特定のビューが表示されます。ユーザーが機能に対する権限を持っていない場合は、次のメッセージが表示されます。

You don't have permission to access this feature. Permission needed: XX.

既存の製品プロファイルの編集

標準またはカスタムの​製品プロファイル​の場合は、いつでも権限を追加または削除できます。

この例では、 権限 関連する ジャーニー ユーザービューアに割り当てられたジャーニーの機能 製品プロファイル. その後、ユーザーはジャーニーを公開できます。

標準またはカスタムの​製品プロファイル​を変更すると、この​製品プロファイル​に割り当てられたすべてのユーザーに影響が及びます。

  1. Admin Console の「製品」タブで、Experience Cloud/Platform を利用したアプリケーション​製品を選択します。

  2. ジャーニービューアの​製品プロファイル​を選択します。

  3. 権限」タブを選択します。

    権限」タブには、Experience Cloud - Platform を利用したアプリケーション​製品に適用される機能のリストが表示されます。

  4. を選択します。 ジャーニー 機能

  5. 使用可能な権限項目」リストでプラス(+)アイコンをクリックし、製品プロファイル​に割り当てる権限を選択します。

    ここでは、 公開ジャーニー 権限。

  6. 必要に応じて、「含まれる権限項目」で横の X アイコンをクリックすると、製品プロファイルに対する権限を削除できます。

  7. 終了したら、「保存」をクリックします。

必要に応じて、特定の権限を持つ新しい製品プロファイルを作成することもできます。詳しくは、製品プロファイルの作成を参照してください。

製品プロファイルの作成

Journey Optimizer では、独自の​製品プロファイル​を作成し、ユーザーに一連の権限とサンドボックスを割り当てることができます。製品プロファイル​を使用すると、インターフェイス内の特定の機能やオブジェクトへのアクセスを許可または拒否できます。

サンドボックスの作成および管理方法について詳しくは、Adobe Experience Platform ドキュメントを参照してください。

この例では、「ジャーニー読み取り専用」という名前の製品プロファイルを作成し、ジャーニー機能に読み取り専用の権限を付与します。ユーザーはジャーニーにのみアクセスして表示でき、次のような他の機能にはアクセスできません。 ​ Decision management in Journey Optimizer.

ジャーニー読み取り専用製品プロファイル​を作成するには:

  1. Admin Console にアクセスします。

  2. 製品」タブから、Experience Cloud/Platform を利用したアプリケーション​製品を選択します。

  3. 新しいプロファイル」をクリックします。

  4. 新しい​製品プロファイル​に、製品プロファイル名表示名説明​を追加します。

  5. 通知」カテゴリで、ユーザーがこの製品プロファイルに追加されたとき、または削除されたときにメールで通知するかどうかを選択します。

  6. 終了したら、「保存」をクリックし、新しく作成した​製品プロファイル​を選択します。

  7. ユーザーがさまざまな機能にアクセスするための権限を追加するには、「権限」タブを選択します。

  8. 左側のメニューに表示されている、Journey Optimizer で利用可能な JourneysSegmentsDecision management などの様々な機能を選択します。

    ここでは、ジャーニー​機能を選択します。

  9. 使用可能な権限項目」リストでプラス(+)アイコンをクリックし、製品プロファイル​に割り当てる権限を選択します。

    ここでは、View journeysView journeys event, data sources, actions を選択します。

  10. サンドボックスアクセス​機能を選択して、製品プロファイル​に割り当てるサンドボックスを選択します。

  11. 使用可能な権限項目」でプラス(+)アイコンをクリックし、サンドボックスをプロファイルに割り当てます。サンドボックスの詳細情報

  12. 終了したら、「保存」をクリックします。

これで、製品プロファイル​の作成と設定が完了しました。次に、ユーザーに割り当てる必要があります。

製品プロファイルの作成と管理については、Admin Console ドキュメントを参照してください。

このページ