ID サービスについて

Adobe Experience Cloud における Experience Cloud Identity Service の役割です。

Experience Cloud Identity Service:コアサービスの基礎的要素

Experience Cloud Identity Service は、Experience Cloud コアサービス、ソリューション、顧客属性、オーディエンスのための、共通の識別フレームワークです。ID サービスは、サイト訪問者に一意の永続的な ID を割り当てることで機能します。組織が ID サービスを実装している場合、この ID を使用すれば、異なる Experience Cloud ソリューション内で、同じサイト訪問者と彼らのデータを識別できます。

また、ID サービスは、ソリューション固有の様々な ID(例:Analytics AID)を置き換えることができます。顧客 ID と認証状態機能を使用すると、ID サービスを通じて顧客 ID を Experience Cloud に渡すことが可能になります。ただし、ID サービスは、登録済みのソリューションに対してのみ機能します。 登録していない他の製品には、アクセスできません。

いずれは、ID サービスは、多くの現在および将来の Experience Cloud 機能、強化、サービスにとって不可欠な要素になります。現在、ID サービスは、AnalyticsAudience Manager および Target をサポートしています。さらに、Adobe Experience Cloud Device Co-op に参加する場合に必要です。ID サービスを実装していない場合、今が移行戦略を検討し始めるチャンスです。

機能の概要

要約すると、ID サービスの機能は次のとおりです。

  • プロファイルと ID のリンクに使用できる共通キーまたは ID を作成します。
  • 複数のソリューションにわたってデバイスを一意に識別します。
  • 同じドメインでトラッキングを確実に行えるように、顧客のドメインにファーストパーティ Cookie を設定します。Experience Cloud に関する説明を参照してください。
  • エイリアス と ID マッピングを Experience Cloud の顧客とパートナーから受け取る。
  • Experience Cloud 内の ID 同期を管理する。
  • 広告技術エコシステム全体にわたり様々なサードパーティとの ID 同期をサポートする。

このページ