実装方法

Experience Platform Launch を使用した標準の Experience Cloud ID Service 実装方法または非標準的な方法を選択できます。

重要

これらの手順を実行する前に、ID サービスの要件をよくお読みください。

標準的な実装

ID サービスの実装には、Experience Platform Launchを使用することを強くお勧めします。この方法は、他の Experience Cloud ソリューションとの統合を確実におこない、実装ワークフローを効率化、適切なコードの配置とシーケンシングを自動的に保証します。

非標準的な実装

これらの手順およびコードサンプルは、Experience Cloud ID サービスを手動、または非標準的な方法で設定する際に役立ちます。これらの実装は、多くの場合、技術的に困難で複雑です。お客様側のエンジニアリングリソースが足りない場合や、Adobe コンサルタントとの契約サポート時間を消費する場合があります。

このページ