resetState

この機能は、単一ページのサイト/画面またはアプリでの ID の使用に関連する問題を解決するために、主に A4T のお客様向けに設計されています。

使用例

ID サービスを利用している A4T のお客様の場合、以下をおこなう必要があるときには visitor.resetState() 関数を使用することが推奨されます。

  • リダイレクトを介して1つのページまたは画面から別のページに追加のデータID(SDID)または任意のIDを渡す場合。 通常、この関数がないと、IDサービスはこのIDを渡しません。
  • Ajax呼び出しを介してページまたはアプリの特定のセクションのみを更新し、それらのアクションを追跡するコードを使用します。 例えば、オブジェクトをクリックした場合に特別なセクションのみが読み込まれたり変更されたりするページがあるとします。 この場合、IDサービスは、ページが再読み込みされない限り、別のIDをリクエストできません。 しかし、visitor.resetState() を使用すると、この条件でも新しい ID をリクエストできます。

以下のコードサンプルを参照してください。

構文

構文: visitor.resetState( *state*);

コードサンプル

IDサービスの導入によって、この関数の使用方法が異なります。 次の表に例を示します。

サーバー側実装

サーバー側実装は、Analytics、Target、および ID サービスのサーバーおよびクライアント側実装を使用する A4T のお客様向けです。この方法で ID サービスを設定した場合は、ページに visitor.resetState() を追加するだけでかまいません。ID サービスの呼び出しにより自動的に新しい ID とサーバーの状態が返されます。

非標準的な実装(ID を渡す場合)

ID サービスを非標準的な実装で設定した場合、visitor.resetState() と共に渡す SDID(またはその他の ID)を保持するための可変オブジェクトを設定する必要があります。以下に示すように、これには組織 ID と、渡す ID が含まれます。コードは、以下の例のようになります。

//Instantiate server state variable 
var serverState = { 
     "Insert Experience Cloud organization ID here": { 
          //Specify the SDID or other ID 
          supplementalDataIDCurrent: "1234", 
          supplementalDataIDCurrentConsumed: { 
               "payload:top-center": false 
          } 
     } 
}; 
 
//Instantiate ID service 
var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Experience Cloud organization ID here", { 
     ... 
}); 
 
//Reset server state to pass the SDID 
visitor.resetState(serverState);

非標準的な実装(ID を渡さない場合)

この場合は、visitor.resetState() を使用して新しい ID を生成できます。これは、ページを更新せずにユーザーが新しい画面に移動し、新しいIDが必要な場合に、単一ページアプリで役立ちます。

 
//Instantiate ID service 
var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Experience Cloud organization ID here", { 
     ... 
}); 
 
//Request a supplemental Data ID for consumer1 and consumer2: 
var sdid1 = visitor.getSupplementalDataID("consumer1"); // sdid1: 1234 
var sdid2 = visitor.getSupplementalDataID("consumer2"); // sdid2: 1234 
 
//User navigates to a new screen in a single-page app, without refreshing the page. 
//To reset the Supplemental Data ID internal, call resetState without passing any parameters. 
//This way we will not be recycling the `1234` ID anymore. Instead Visitor will generate a new supplemental Data ID going forward. 
visitor.resetState(); 
 
//Request a supplemental Data ID for consumer3 and consumer4: 
var sdid1 = visitor.getSupplementalDataID("consumer3"); // sdid1: 5678 
 
var sdid2 = visitor.getSupplementalDataID("consumer4"); // sdid2: 5678

Dynamic Tag Manager(DTM)

現在、visitor.resetState() を DTM で使用するための設定方法はありません。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now