ニュースとお知らせのプロジェクトを作成

最終更新日: 2023-11-27
  • 作成対象:
  • Beginner
    Admin

対象:「ニュースとお知らせ」プロジェクトをワークスペース内で主にテキストで作成し、会社全体と共有します。これをランディングページとしてユーザーに強制することは(可能ですが)必要ありません。更新するたびにリストの先頭に表示されるからです。

理由: 内で何かが変更されるたびに、ユーザーはまだ別の E メールを望んでいない可能性があります Adobe Analytics. また、ユーザーが定期的に内部をチェックすることを期待しています Adobe Analytics site (Confluence など — 内部 Adobe Analytics サイト (ヒント)はストレッチです。 代わりにワークスペースを利用すれば、インターフェイスから離れずにこれを実現できます。ログインするたびに「ニュースとお知らせ」のダッシュボードが表示されます。

方法:​ワークスペースにログインし、新しいプロジェクトを作成します。プロジェクト設定で、このプロジェクトが組織内の全員と共有されていることを確認します。このプロジェクトの上部(説明)は、 Adobe Analytics サイトを開き、最適な連絡先または DL を呼び出します。 それでは、4 つのセクションを提案します。すべてテキストベースです。

  1. 新しいリリースと機能

    • 箇条書きを年ごと(数が多い場合は月ごと)に時系列に並べ、最新のものを上にします。
    • これには、次の新機能が含まれます。 Adobe、新しい変数/イベント、新しいサイト/アプリ、追跡中の新機能など。
    • 箇条書きには、日付、影響を受けるプロパティ(該当する場合)、最小限の詳細を含める必要があります。
  2. 概要ダッシュボードの一覧

    • すべての主要なプロパティや大きなカテゴリのコンテンツについては、概要ダッシュボードを作成することを強くお勧めします。これを作成すると、多くのその場しのぎのレポートをやめることができ、さらなる支援を必要とすることなく、プロパティの全体像をすばやく把握できるようになります。 これらは会社全体で共有し、「概要ダッシュボード」というタグを付けておくとよいでしょう。また、「すべてのサイトとアプリの概要」ダッシュボードを作成することをお勧めします。これにより、ユーザーがデジタル環境全体を把握して、その中で特定のプロパティがどのような位置づけにあるかを理解できるようになります。
    • これらすべてをシンプルな箇条書きでリストアップし、各ダッシュボードに直接リンクします。
  3. クールなレポートをチェック:

    • 最高のダッシュボードと何を表示してユーザーを興奮させる Adobe Analytics できます。 これらのダッシュボードは、一般的なものに保ち、より多くの人が利用できるようにします。
    • 箇条書きにして、ユーザーをダッシュボードに直接リンクさせます。内容を簡単に説明することも効果的です。
  4. 既知のバグ、エラー、変更点:

    • Excel でバグや変更のログを保持することもできますが、忘れずに更新するのは困難です。プラットフォームの外にあるスプレッドシートを、ユーザーが積極的にチェックすることもないでしょう。すべてをインターフェイス内に保持すると、更新が容易になり、ユーザーも気付きやすくなります。
    • とても単純なソリューションであり、手の込んだものでもありませんが、その分、メンテナンスが容易です。

作成者

このドキュメントの共同作成者:

Christel Guidon

Christel Guidon(デジタル) Analytics NortonLifeLock の Platform Manager
Adobe Analytics チャンピオン

Rachel Fenwick

レイチェル・フェンウィック、シニアコンサルタント ( ) Adobe

このページ