Segment Membership ​ Detailsschema フィールドグループ

メモ

複数のスキーマフィールドグループの名前が変更されました。 詳しくは、 フィールドグループ名の更新 のドキュメントを参照してください。

セグメントのメ ンバーシップ XDM Individual Profile クラスの標準スキーマフィールドグループの詳細。フィールドグループは、セグメントのメンバーシップに関する情報(個人が属するセグメント、最終認定時間、メンバーシップが有効になるまでなど)を取り込む単一のマップフィールドを提供します。

警告

segmentMembership フィールドは、このフィールドグループを使用してプロファイルスキーマに手動で追加する必要がありますが、このフィールドに手動で値を入力または更新しないでください。 セグメント化ジョブが実行されると、各プロファイルの segmentMembership マップが自動的に更新されます。


プロパティ データタイプ 説明
segmentMembership マップ 個人のセグメントメンバーシップを表す map オブジェクト。 このオブジェクトの構造について、以下で詳しく説明します。

次の例は、特定のプロファイルに対してシステムが入力した segmentMembership マップです。 セグメントのメンバーシップは、オブジェクトのルートレベルのキーで示される名前空間で並べ替えられます。 次に、各名前空間の下の個々のキーは、プロファイルがメンバーとして含まれるセグメントの ID を表します。 各セグメントオブジェクトには、メンバーシップに関する詳細を提供する複数のサブフィールドが含まれます。

{
  "xdm:segmentMembership": {
    "AAM": {
      "04a81716-43d6-4e7a-a49c-f1d8b3129ba9": {
        "xdm:version": "15",
        "xdm:lastQualificationTime": "2018-04-26T15:52:25+00:00",
        "xdm:validUntil": "2019-04-26T15:52:25+00:00",
        "xdm:status": "existing",
        "xdm:payload": {
          "xdm:payloadBooleanValue": true,
          "xdm:payloadType": "boolean"
        }
      },
      "53cba6b2-a23b-454a-8069-fc41308f1c0f": {
        "xdm:version": "3",
        "xdm:lastQualificationTime": "2018-04-26T15:52:25+00:00",
        "xdm:validUntil": "2018-04-27T15:52:25+00:00",
        "xdm:status": "realized",
        "xdm:payload": {
          "xdm:payloadPropensityValue": 0.5,
          "xdm:payloadType": "propensity"
        }
      }
    },
    "Email": {
      "abcd@adobe.com": {
        "xdm:version": "1",
        "xdm:lastQualificationTime": "2017-09-26T15:52:25+00:00",
        "xdm:validUntil": "2017-12-26T15:52:25+00:00",
        "xdm:status": "exited"
      }
    }
  }
}
プロパティ 説明
xdm:version このプロファイルが適合するセグメントのバージョン。
xdm:lastQualificationTime このプロファイルが最後にセグメントに適合した時刻のタイムスタンプ。
xdm:validUntil セグメントのメンバーシップが有効と見なされなくなった日時のタイムスタンプ。
xdm:status 現在のリクエストの一部としてセグメントのメンバーシップが認識されたかどうかを示します。 次の値を使用できます。
  • existing:プロファイルは、リクエストの前に既にセグメントの一部であり、引き続きメンバーシップを維持します。
  • realized:プロファイルは、現在のリクエストの一部としてセグメントに入っています。
  • exited:プロファイルは、現在のリクエストの一部としてセグメントから退出しています。
xdm:payload 一部のセグメントメンバーシップには、メンバーシップに直接関連する追加の値を記述するペイロードが含まれています。 各メンバーシップに指定できるペイロードは、特定の型の 1 つだけです。 xdm:payloadType ペイロードのタイプ (booleannumberpropensityまたは string) を示し、兄弟プロパティはペイロードタイプの値を提供します。

フィールドグループについて詳しくは、パブリック XDM リポジトリを参照してください。

このページ