予約の詳細 スキーマフィールドグループ

最終更新日: 2023-12-18
  • トピック:
  • Schemas
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

予約の詳細 は、 XDM ExperienceEvent クラス 予約に関する情報(長さ、変更、払い戻し可能なステータス、部屋数など)をキャプチャするために使用します。

フィールドグループには、単一のオブジェクトタイプのフィールドが用意されています。 reservations. このオブジェクトに含まれるプロパティについて、以下で説明します。

予約の詳細構造

プロパティ データタイプ 説明
nonRefundableAmount 通貨 払い戻し不可とマークされた予約価格の金額。
transaction トランザクション 予約の通貨トランザクションを記述します。
id 文字列 予約の一意の ID。
cancellation 整数 この値は、予約がキャンセルされると取り込まれます。
confirmationNumber 文字列 予約の確認番号または識別子。
created 整数 この値は、予約が作成されるとキャプチャされます。
currencyCode 文字列 購入に使用される ISO 4217 通貨コード。
endDate 日時 予約の最終降車日、返却日、またはチェックアウト日。
length 整数 予約の合計日数。
modification 整数 この値は、予約が変更されるとキャプチャされます。
modificationDate 日時 予約が最後に変更された時刻。
numberOfAdults 整数 予約に関連付けられた大人の数。
numberOfChildren 整数 予約に関連付けられている子の数。
purpose 文字列 予約の目的(通常、ビジネスまたは個人)。
startDate 日時 予約の受け取り開始日、アウトバウンド日、またはチェックイン日。
triptype 文字列 予約が片道の旅行、往復、または複数都市の旅行のどちらであるかを示します。

フィールドグループについて詳しくは、パブリック XDM リポジトリを参照してください。

業界固有の予約フィールドグループ

その他の標準フィールドグループには、 予約の詳細 スキーマを使用して、業界固有の使用例を確認できます。 詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

このページ