contextdata型 を配置する

場所コ ンテキストは、目標地点情報や地理的座標など、観察されたイベントの場所を示す標準のXDMデータ型です。


プロパティ データタイプ 説明
POIinteraction 目標地点のインタラクション 目標地点(POI)インタラクションの詳細を説明します。
activePOIs 目標地点の詳細の配列 イベントの原因となったPOIを示します。
geo 地域 エクスペリエンスが配信された地域を示します。
localTime DateTime RFC 3339形式のタイムスタンプ。指定されたタイムゾーンオフセットでを使用するローカル時間を示します。 フォーマットパターンはyyyy-MM-dd'T'HH:mm:ssXXXです(例:2001-07-04T12:08:56-07:00)。
localTimezoneOffset 整数 localTime値に対するUTCからの現在のローカルタイムゾーンのオフセット(分)。 該当する場合は、現在のDSTオフセットを含める必要があります。

データタイプについて詳しくは、パブリックXDMリポジトリを参照してください。

このページ