環境データ型

Environmentは、監視イベントの周囲の環境を記述する標準的なXDMデータ型です。特に、ネットワークやソフトウェアのバージョンなどの一時的な情報の詳細を示します。

重要

すべての値は、Adobeがライセンスを取得したDeviceAtlasデータベースと一致する必要があります。


プロパティ データタイプ 説明
_dc オブジェクト 1つのフィールドlanguageを含むオブジェクト。データ表示に関するユーザーの言語、地理的、文化的な好みを表す環境の言語を示します。 言語は、IETF RFC 3066で定義されている言語コードで指定されます。
browserDetails ブラウザーの詳細 ブラウザー名、バージョン、JavaScriptバージョン、ユーザーエージェント文字列、受け入れ環境など、ブラウザー固有の言語の詳細について説明します。
ISP 文字列 ユーザーのインターネットサービスプロバイダーの名前。
carrier 文字列 ユーザーに通信サービスを販売し、配信するモバイルサービスプロバイダーキャリアまたはMNO(ワイヤレスネットワーク、ワイヤレスキャリア、セルラー会社、モバイルネットワークキャリアとも呼ばれます)の名前。
colorDepth 整数 1つのピクセルの各カラーコンポーネントに使用されるビット数。
connectionType 文字列 インターネット接続の種類です。 次の値を指定できます。
  • dialup
  • isdn
  • bisdn
  • dsl
  • cable
  • wireless_wifi
  • mobile
  • mobile_edge
  • mobile_2g
  • mobile_3g
  • mobile_lte
  • t1
  • t3
  • oc3
  • lan
  • modem
domain 文字列 ユーザーのISPのドメイン。
ipV4 文字列 通信にインターネットプロトコル(32ビット)を使用するコンピュータネットワークに参加するデバイスに割り当てられる数値ラベル。
ipV6 文字列 通信にインターネットプロトコル(128ビット)を使用するコンピュータネットワークに参加するデバイスに割り当てられる数値ラベル。
operatingSystem 文字列 観察されたときに使用されたオペレーティングシステムの名前。属性には10.5.3などのバージョン情報を含めず、代わりにUltimateProfessionalなどの「エディション」指定を含めます。
operatingSystemVendor 文字列 観察されたときに使用されたオペレーティングシステムベンダーの名前。
operatingSystemVersion 文字列 観察されたときに使用されたオペレーティングシステムの完全なバージョン識別子。バージョンは通常数値で構成されますが、ベンダー定義の形式になる場合があります。
type 文字列 アプリケーション環境のタイプ。 使用できる値については、付録を参照してください。
viewportHeight 整数 エクスペリエンスが表示されたウィンドウの縦方向のサイズ(ピクセル単位)。 Web表示イベントの場合、これはブラウザビューポートの高さです。
viewPortWidth 整数 エクスペリエンスが表示されたウィンドウの水平方向のサイズ(ピクセル単位)。 Web表示イベントの場合、これはブラウザビューポートの幅です。

Mixinの詳細については、パブリックXDMリポジトリを参照してください。

付録

次の節では、デバイスのデータ型に関する追加情報を説明します。

型に指定できる値

次の表に、typeに使用できる値とその関連する意味を示します。

説明
browser Browser
application アプリケーション
iot インターネット
external 外部システム
widget アプリケーション拡張

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now