ビーコンデータタイプ

ビーコンは、モバイルデバイスが範囲内に収まるたびにモバイルアプリケーションにID情報を通信するワイヤレスデバイスを記述する標準XDMデータ型です。


プロパティ データタイプ 説明
beaconMajor Double メジャー値は、1 ~ 65,535の間のグループ値と符号なし整数値を識別し、区別します。
beaconMinor ダブル 小さな値は、1 ~ 65,535の個々の整数値と符号なしの整数値を識別して区別します。
proximity 文字列 ビーコンからの推定距離。指定できる値と定義については、付録を参照してください。
proximityUUID 文字列 近接UUID(Universally Unique Identifier)は、ネットワーク内のビーコンを制御外のネットワーク内の他のすべてのビーコンと区別するために使用される特別なタイプの識別子です。 近接UUIDは、組織のビーコンを識別するために範囲内のモバイルデバイスに送信されるビーコンに設定されます。

データタイプについて詳しくは、パブリックXDMリポジトリを参照してください。

付録

次の節では、ビーコンデータタイプに関する追加情報を示します。

近接性に使用できる値

次の表に、proximityで使用できる値と、それに関連する意味の概要を示します。

説明
immediate 数センチ以内に。
near 10メートル未満です。
far 10メートル以上離れた所に。
unknown 信号が弱くて距離がわからなかった。

このページ