B2B ソース データタイプ

B2B ソース は、B2B エンティティ ( アカウント商談、または campaign) をクリックします。

文字列ベースの識別子のみに依存する場合、複数のシステム間で ID が重複する場合があります(例えば、1 つの CRM システムで文字列 ID を割り当てる場合は、同じ ID でまったく異なるオポチュニティを参照する場合があります)。 その結果、 リアルタイム顧客プロファイル.

この B2B ソース データ型を使用すると、エンティティの元の文字列 ID を使用し、それをソース固有のコンテキスト情報と組み合わせて、元のソースに関係なく、Platform システム内で完全に一意の状態を維持できます。

B2B ソース構造

プロパティ データタイプ 説明
sourceID 文字列 ソースレコードの一意の ID。
sourceInstanceID 文字列 ソースデータのインスタンスまたは組織 ID。
sourceKey 文字列 で構成される一意の識別子 sourceId, sourceInstanceId、および sourceType を次の形式で連結します。 [sourceID]@$[sourceInstanceID].[sourceType].

Marketoなどの一部のソースコネクタは、特定の識別子に対してこの値を自動的に連結します。 その他は、 データ準備 concat 関数例: concat(id,"@${ORG_ID}.Marketo")
sourceType 文字列 ソースデータを提供するプラットフォームの名前。

データタイプについて詳しくは、パブリック XDM リポジトリを参照してください。

このページ